第10話

このページを編集する    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第10話次回予告!


(瑞希の潤んだ目がアップになって)
「え……いいの? 私なんかで……?」
 自分のもやもやする気持ちに見切りをつけるべく
 薫はついに瑞希の想いに応える決意をした。
 しかし……

(ヨアヒムとクリスを見下ろす幼い少女)
「自分の子供にあいたいという気持ちは……母親なら当然のことだろう?」
(シフォンの前に立ちはだかる影)
「お前はノイエガンメの正当なる王家……そして、私の血を引いているのだ」

 その頃、新たなる衝撃が彼等に訪れようとしていた!
 それは早すぎる出会いなのか?
 それとも、来るべき運命だったのか?

(涙を指でぬぐいながら)
「私は……あの人たちと同じ……だから。ヒトじゃないから……」
 少女の苦悩は何処にいくのだろうか。
 少年は、本当に、少女の想いを受け止めることができるのか……?
 いくつもの願いが交錯するなか……

 地上に
 真なる天使が降臨する

天使大戦エンゼルギア~第10話~『運命の子ら』

(歯噛みするイブリース)
「早すぎる……早すぎるぞ、大天使アラフニ=ナンダーソン!」
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|