※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

3/

 

「たっだいまー。」

「あ、日世璃さん、おかえりなさい。」

「日世璃おかえりアルー。」

万事屋の玄関扉を開けると、ぴょんぴょんと効果音が聞こえそうな勢いで、

神楽と新八が走り寄ってくる。

2人ともかわいいなー。うさぎみたい。なんて思ってると銀ちゃんが不満そうに言った。

 

「なんで2人ともおかえりの挨拶が、日世璃にだけなんですか。

おかしいだろ。この家の主は俺だっつーの。」

「日世璃ー、酢昆布ー!」

「ごめん、神楽ちゃん!酢昆布切れてた?」

「えー!!買ってきてないアルかー!?」

「ごめんごめん。今日は買い物じゃなくて、ちょっと散歩に行ってて・・・。」

 

はは・・・。あの沖田総悟君っていったい何がしたかったんだろ?

無駄な時間過ごした気がする。

あんな無駄話してるんだったら、買い物行ってあげればよかったかな。

 

 

「おーい。なんかみんな俺の存在忘れてなーいー?」

「銀ちゃんは黙ってるアルよ!!」

「ひどっ!!神楽チャンひっどっっ!!」

 

「神楽ちゃん。銀ちゃんイジメはそのぐらいにしとこーねー。銀ちゃん、ああ見えて天パだけど結構傷つきやすいから。」

 

ハハ・・・。

神楽ちゃんの毒舌ぶりには、毎度感心するよ。

いや。さっきのはほんの序の口だけど。

「いや。日世璃さんも地味にひどいことを言ってる気が・・・」

そういう新八は、いつもみんなにひどいことを言われてる所為か、銀時の気持ちを察して、慰め役に回る。

 

「銀さん。元気出してください!ほら、僕なんかよりずっとマシですよ!僕なんかメガネメガネって・・・」

「うるせェよ。メガネなんかに慰められたくねェっつーの。」

「ちょ・・・!?銀さん!?僕、銀さんの気持ちを思って・・・」

「はーい。晩御飯つくろーね。神楽ちゃん。」

「おう!味見ならまかせるヨロシ!」

 

そんなこんなで、・・・・いや、そんなこんなって何だ。

・・・まあ、そんなこんなで。

万事屋では、ごく普通の当たり前の会話が続いた。

銀時は、主なのに無視され、新八は慰めに入るのに傷つけられ、女の2人がここでは1番強い。

いや、どこのお宅でもそうなのだろうか。

 

「「「「いっっただっっきまーーーす!!!!」」」」

みんなで声を合わせて「いただきます」。

これ、万事屋のルール。

といっても、日世璃が江戸に来て居候みたいに万事屋に居座る前は、こんなことやっていなかったのだけれど。

だから、今でも、めずらしく日世璃が自分の家に帰っているときは、万事屋の面々は彼ららしく、個々に好きなように食べ始める。

しかし、何故だろうか、日世璃が江戸に引っ越して来てちょうど1カ月。

このルールは、すっかり習慣のようになってしまったのだ。

 

「神楽ちゃん、今日はいつもより食べるね。」

「当たり前アル!」

「今日は久しぶりに仕事が入ってたんです。」

「へ~、めっずらしい~。」

 

銀時たちは万事屋。

『金さえくれれば、何でもする。』

と言えば怖いように聞こえるかもしれないが、何しろ仕事なんか滅多に入ってこないし

入ってきたかと思えば、逃げた猫の捜索だとか、電球替えてくれだとか、

日世璃にしてみれば、よくそんなので生活してこれたなと思うものばかりである。

だが、時々本当に時々、危険な仕事も入ってくる・・・というか勝手に頭突っ込んでたり

巻き込まれたりが多いのかもしれないが・・・。

それが、日世璃には気がかりでしょうがないのだ。

 

何しろ、バイト三昧で、銀時たちが今日は何の仕事をして帰ってきたのか、全く知る術もないのだ。

 知らないことを知りたがるのは人間の当たり前の行動で、

「何の仕事?」

と軽く質問してみるのはいつものこと。

そして隣にいる銀ちゃんから

「あ?たいした仕事じゃねーよ。気にすんな。」

と返事が返ってくるのもいつものこと。