※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GalaMate
酒場のオヤジ >>シルファリオスさん。またお越し下さいませ。kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:54)
◆シルファリオス >> 揃いも揃って畜生共め!逃がすかァ!(カジキを引きずりながら、家へと急ぐ)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:54)
酒場のオヤジ >> ルスカさん。またお越し下さいませ。kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:53)
◆ルスカ >> 子曰く立つ鳥マグロを残す。ササササササッ(ニンジャっぽく走り去る)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:53)
◆シルファリオス >> ニンジャ!?(消えた!)ってか、一人じゃ無理だろー!(ぎゃあぎゃあ!)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:52)
酒場のオヤジ >> ブランディスさん。またお越し下さいませ。kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:52)
◆ブランディス >> (家宅強制突入、煙と同時に、扉が開いたとか。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:52)
◆ブランディス >> では&、カジキ全部食えよ。(シルファに微笑むと、印を組み。)にんにん。 ドロロンッ!kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:51)
◆シルファリオス >> 来るな!荒れるわ!kkwzwmdzdmzkk(08/30/05 21:51)
◆ルスカ >> よしいくとしよう。お忍びで。(ニンニン)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:50)
◆ブランディス >> よし、いくか、ルスカ、忍びに。kkwzwmdzdmzkk(08/30/05 21:50)
◆ルスカ >> どういうことだって聞かれても・・・お忍びで潜入?(シルファリ家潜入事件ファイル1)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:50)
◆シルファリオス >> &きっと捕まるさ。(ぼそっと呟いた。)人には限度があるのですよブランディス。待てコラ。食えるか!kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:49)
◆ブランディス >> &&殺人鬼族。(呟けば、金貨1枚置いて、席を立ち。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:49)
◆ルスカ >> ・・・人を一人殺したみたいだったよな・・・(血を浴びたレミラスの背を見送りつつボソリ)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:48)
◆ブランディス >> ポン酢もつけてあげる。オメェにあげたから、責任もって食べろ。(シルファに親指立てれば。)嗚呼、自分でも納得してるんだその辺。(レミラスを哀れみながら見送って。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:47)
◆シルファリオス >> ってか、俺ん家の台所ってどういうことだルスカ!(くわっ!)断じて臭くないわ!kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:47)
酒場のオヤジ >> レミラスさん。またお越し下さいませ。kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:47)
◆レミラス >> (オヤジに酒代を渡して)あ~・・まったく途中でつかまらなきゃいいけどねぇ・・・(そのまんま外へと)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:47)
◆シルファリオス >> 俺を獣に仕立て上げるでない!(ブランディスを指差して)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:46)
◆ルスカ >> シルファリオスの家の台所にある三角コーナーのほうが臭い。そしてゴミ箱は生臭くないkkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:46)
◆ブランディス >> 丸齧りがお勧めだ。(シルファに、頷いて。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:45)
◆レミラス >> ・・・家もどって体でも洗ってくるか・・流石にこのままじゃ鼻曲がりそうだし、とりあえずマグロは美味しく食べてやれよー?kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:45)
◆ルスカ >> マグロを待ち歩く非常識なやつが居るから。(臭いなと鼻を摘み)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:44)
◆ブランディス >> ルスカの部屋のゴミ箱ぐらい生臭い。(鼻を指で摘めば、手を横に振って。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:44)
◆シルファリオス >> うわっ。生臭ェ。(テーブルの下から出てきた)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:43)
◆ブランディス >> いゃ、びちびちしてたし。(ブツブツとシルファに言って。)生臭い。(感想。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:42)
◆シルファリオス >> 素潜りで捕らえたのかよ!(ズガビーン!)何でそんな物を投げてるんだ。勿体無い。(血をテーブルの下にて回避。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:42)
◆レミラス >> まったく・・・ともかく・・おやじーこれあとお願いねー(どんっとオヤジにマグロを渡して)そこ驚かない・・・(ぴっとか指差して)あぁ・・まったく汚れたし・・洗うの大変なのよねぇ・・・くさいし(血で汚れた上着を脱いではぽんっとおいて)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:41)
◆ブランディス >> 無茶じゃない、無謀なんだ&&。(刺身、唐揚、スシバー、煮物、何でも御座れ。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:41)
◆ルスカ >> 素潜りって無茶だろそれ。(凄い泳力だ。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:41)
◆ブランディス >> ゴブリンが新米冒険者に狩られるが如く、真っ二つに&&。(ガクッ...、意気消沈。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:40)
◆シルファリオス >> ぅわ!凄ェ!(レミラスの包丁捌きに感嘆!)&で!如何するんだ。(真っ二つのマグロ&つまり、血が周りに振りまかれることへと繋がる。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:40)
◆ブランディス >> 俺が、素潜りで、ひっ捕らえたカジキが&&。kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:40)
◆ルスカ >> 逞しいな。(マグロを両断する様圧巻)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:39)
◆ブランディス >> 一刀両断&&っ!!!!(カジキマグロに十字を切って。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:38)
◆シルファリオス >> 素直に喜べるかー!ってか生きてるじゃん!デカイし!(びちびち言ってるし!)丸齧るほど俺は落ちぶれちゃ居ないぜ!(言ってはみるが、マグロの始末に困る。とりあえず軌道から離れた)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:38)
◆レミラス >> どっからマグロが・・オヤジ借りる!(マグロ用の巨大な包丁を借り刃で受け一気に真っ二つに)ふぅ・・・っていうか危ないし・・まったくkkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:37)
◆ルスカ >> あぶね!あぶねぇよ!鋭いって!(ガタッと半ば反射的に立ち上がって)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:37)
◆ブランディス >> それも、カジキだ。よろこべ。(シルファにびちびちしながら飛んでくカジキマグロ、ルスカ、レミラスをも巻き込まん勢いで。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:36)
◆シルファリオス >> エビフライで人を叩くものではない。(ぱく、とそれと無く食った)&ちょっと待て!(マグロが飛んできた。ビビる。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:35)
◆ブランディス >> マグロやるよ、マグロ。(マグロ一本丸まる、シルファに投げた。) びちびち (生きたまま。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:34)
◆ブランディス >> その辺は&、それとなく理解しておいてくれ。(シルファに微笑んで。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:33)
◆ルスカ >> 生きてたか、ほらエビフライやるよ。エビエビ。(エビフライでシルファリオスの頬を叩いた)交換すれば良いじゃないかkkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:33)
◆レミラス >> いや、ほら、ちっさい体も役にたつと思うぞ?・・・・多分な?(ちっさい人の気持ちはわかんないしな)・・・・いや、まぁいいけどな・・・慣れてるし(はぁっとか小さくため息ついては、また酒頼んでて)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:33)
◆シルファリオス >> 何故林檎とノートか分かりかねる&(首を傾げた)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:32)
◆ブランディス >> いゃ、モチのロンですケド?(レミラスに真顔で。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:31)
◆ブランディス >> 嗚呼、さっきから、その死神とやらが、林檎とノート交換しようと商談もってくるんだけどなぁ、どうしたものか。(ルスカに笑うと、グラスを返して。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:30)
◆レミラス >> 酒場のオヤジは・・・(いや流石になぁ・・・)ちょっとまて、何かそういう仕事全部やらせようとしてないか?(聞こえた言葉においおいっと)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:30)
◆ルスカ >> オッキナ体ね。オレは男のわりには小さいほうだけど・・・役に立ってねぇな。(自嘲)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:30)
◆シルファリオス >> ルスカさんまで何をおっしゃる。(笑って見せて)&いえ、捨てて貰わずとも私生きてます。kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:30)
◆ブランディス >> 酒場のオヤジと、良い関係になったら、お似合いだと思うが&&。(チラチラ...、ボソボソ。)ん~、生きてるか。いや、死んでたら、レミラス嬢に棄ててもらおうと思ったんだけどな。kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:29)
◆ルスカ >> ブランディスは死神がついてんじゃないか?(心配そうにシルファリオスを見ながら)おっと生きてた。kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:29)
◆シルファリオス >> はい。生きてますよ。ブランディスさん。心配せずとも死にませんて。(ひらひら、手を振って見せた。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:28)
◆ブランディス >> シルファ、生きてるか?(シルファの前で手を振って。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:26)
◆レミラス >> 好きでこんな体になったんじゃないんだけどねぇ(苦笑しては頬を掻いて)ま、ただ今は役にはたってるし、良いかなとは思うけどねぇkkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:25)
◆ルスカ >> マゾフィスト全開?普通人にはわからんな。(惚けた)・・・オレは軽く殺意を感じたよ・・・kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:24)
◆ブランディス >> 軽く逝かせて貰えそうだね。(巨大な体を見て、ボソリ。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:24)
◆レミラス >> 合わなくてわるかってねぇ(本当に絞めてやろうか思ったけど止めて)まぁどちが絞めて欲しいにしても流石に殺しかねないから勘弁(あははっとか笑って)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:23)
◆ブランディス >> っと、疫病【えきびょう】って、聞こえたんだ、まぁ、気にしないでくれ。(残った酒を口に流し込み。)いゃ、マゾフィスト全開のオメェが何を言う。kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:21)
◆ルスカ >> 自分の気持ちを人に押し付けんなよブランディス。お前が絞めて欲しいんだろ?kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:20)
◆ブランディス >> 疫病付なら、今此処で、店からたたき出してるよ。kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:19)
◆ルスカ >> 可愛らしい、それはまた・・・(レミラスをチラリ見)合わんね。(ひとり頷く)どうも・・・疫病神なんて憑いてないって(水をグビッと)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:19)
◆ブランディス >> コメンダーは、レミラス嬢に、首を絞めて欲しいらしいぞ。kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:19)
◆レミラス >> おー生きてた生きてた(それを確認すれば席に戻って)あはは、ま、ありがたくその言葉は受け取っておくよ(そういえば飲み干したウオッカのグラスをことりっと置いて)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:18)
◆シルファリオス >> 私には貧乏が憑いてるんだよ。(棒読みに告げた。)疫病は憑いてないと思うよ。絶対。kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:18)
◆ブランディス >> レミラス嬢に、可愛らしいという言葉より、カッコイイという言葉のほうが合ってると思ってね。(レミラスへ言うと、シルファを見て。)オメェが、厄病なんじゃないのか?(真顔で。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:16)
◆シルファリオス >> 水&水を。とりあえず。(ルスカの方に持ってきた)&全く&ほんとに疫病が憑いてんじゃねーかな。kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:16)
◆ルスカ >> コメンダー生きてるよー。(へらり。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:16)
◆ルスカ >> ウォッカなんか頼むからこんなことになるんだよーーーー(口をむにゃむにゃしつつ復活)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:15)
◆レミラス >> コメンダー、生きてる~?(かるくぺしぺしっとルスカの頬を叩いて)ま、ね?ただ、やぱカッコイイって言葉は女としては複雑だけどねぇkkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:15)
◆ブランディス >> ・・・・・・。(やられてるのは、元々じゃないのか?と心で念じて。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:14)
◆ブランディス >> ん~、中々カッコイイ事言うねぇ、レミラス嬢は。(くはは...、笑えば口に酒を入れ、飲み込むの繰り返し。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:13)
◆ルスカ >> ぁ――ッ(なんかもうやられてた)kkwzwmdzdmzkk(08/30/05 21:12)
◆レミラス >> いや、ほら、私の体はリングには小さすぎるから、大きな冒険って舞台の方がいいのよ(うんっとか一人頷いて)おー・・よく一気飲みできるわねぇ・・・(流石にあたしでも一気はきついから、ちびちびっと)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:11)
◆ブランディス >> 喉焼けんぞオメェ。(酒はウォッカだよ?)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:10)
◆ルスカ >> ああ、わかったよ。(肩を叩かれればコクリ頷き打ち返されたグラスをパシッとその手に)くいーーーっと(飲んだ)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:09)
◆ブランディス >> 断らない方が良かっ&&。(途中で口を噤み、酒を口に含ませて。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:09)
◆シルファリオス >> ルスカ&?(どう略したんだろぅ、とか思った。)&いや、誘われたのかよ。(そこにはツッコんでおく)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:08)
◆ブランディス >> カキ――ン  (ルスカの投球したグラスを、割箸で打ち返して。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:08)
◆レミラス >> ほらほら、コメンダー震えてないで、くいーといったら?せっかくおごってもらってるんだし(ぽんっと肩にてを置いてはくすくす笑って)プロレスラーって・・・いや、スカウトは来たことあったけど流石に断ったから。kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:07)
◆ルスカ >> コメナンダー=ニイガタコシヒカリー。略してルスカだ。シルファリオス君。(ブランディスにグラスを投げながら)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:06)
◆ブランディス >> カラリ&。 (グラスの中の割氷を回して。)俺は、ブランディス、今は商人してる&&、いゃ、プロレスラーなんじゃねぇの?(レミラスの言葉にツッコミ心が反応した。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:06)
◆シルファリオス >> どぅも、レミラス&(手を振り返した。ルスカに震えには気づいていない)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:05)
◆レミラス >> あぁ、あたしはレミラス、まぁみたまんまの冒険者よ、よろしく(ひらっと軽く手を振って自己紹介を返して)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:04)
◆ルスカ >> コメンダー・・・(レミラスとは別の意味でわなわなと肩を震わせ)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:04)
◆シルファリオス >> コメンダー&君。(何か復唱してみる)&俺はシルファリオス&とりあえず適当に呼んでくれ。kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:03)
◆レミラス >> (コメンダーの名前にぷっと吹き出してわなわなと肩を震わせ小さく笑って)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:02)
◆ルスカ >> ほら来た奢りだ。懐の広さに驚愕どころか戦慄しちまう。(嬉しさに顔がほころびつつ)塩撒くなよkkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:02)
◆ブランディス >> そいつの名前は、百姓貴族コメンダーだ。(シルファにルスカの名前を教えて。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:01)
◆シルファリオス >> &&ありがと、ブランディス。(嬉しいのだが、酒の経験が皆無なので素直に喜ばない。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:01)
◆レミラス >> これから来るツキなんてあるの?(くすくすっと笑ってはそんな子といって)へ~気前いいねぇ、流石商人さん(嬉しそうにおごりは受け取って)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:00)
◆シルファリオス >> 呼びようが無いのよ。名前知らないんだから。(ルスカを見て、困ったように頭を掻いた)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:00)
◆ブランディス >> あと、清めの塩を其処の2人に。(ルスカ、シルファを指差して言えば笑って。)嗚呼、飲めないとかはなしね、強制参加だから。kkwzwmdzdmzkk(08/30/0521:00)
◆ブランディス >> 一介の冒険者と、商人の財力を比べる自体が間違ってると思うがね。(指を顎に当てれば、嘲笑が入り混じった息を少し吐き。)まぁ、飲めないことはないさ。それなりに、嗜む程度でな。(シルファに、スラリと言い返し。)よし、オヤジ、ウォッカ&を、4つ。俺の奢りだ。kkwzwmdzdmzkk(08/30/0520:59)
◆ルスカ >> 疫病神いうなや、これから来るツキも逃げちまうよ。(苦虫潰したような顔をシルファリオスに向け)いや、やっぱり飲むよ漢として。kkwzwmdzdmzkk(08/30/0520:58)
◆シルファリオス >> &ブランディスってお酒飲めるの?(ふと、そんな事を呟いた。そんな自分は飲んだことなど無い。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0520:57)
◆ルスカ >> なんだ、スポンサーなんかしてるのかよ!?(一介の冒険者は経済力の差に驚いた。)酒ねぇ&じゃやっぱりお酒ね。(気が進まないが注文しなおして)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0520:56)
◆レミラス >> (くぃーーっといっきに飲み干してはどんとジョッキを置いて)ふ~やっぱ生き返るわ~(ふぃーっと嬉しそうに笑って)ん?ルスカは飲まないの?(オレンジジュースを頼むのを見てはそういって)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0520:56)
◆ブランディス >> オメェ等、生きた腐敗神か?取りつく相手、この場所にはいないぞ。(今にも、清塩を撒かん勢いで。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0520:55)
◆シルファリオス >> &貴方、何時かの疫病神さんですね?私、何時かの貧乏神です。(ルスカにも挨拶。)やっぱり皆賭けって好きなのな。(一通り喋ると、またテーブルでダレた)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0520:53)
◆ブランディス >> 其処まで豪快に酒を煽られると、止めるにも止められないしね&&。(レミラスには、呆れ、興味の入り混じった笑みを向けて。)俺は&、まぁ、スポンサーかな?こっちの商品売らせてもらってるだけだよ。(シルファに、視線だけ向けて言って。)&&&いゃ、漢なら酒飲もうぜ。(ルスカに、真顔で。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0520:53)
◆ルスカ >> ハハハッ言ってくれる。(ブランディスの言葉に口端をニィイっと吊り上げ)久しぶりにオレンジジュースでも飲もうかね。(片手を上げて親父に言った。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0520:51)
◆シルファリオス >> だーってよォ、アレだ。おい、あの&海の方のイベントだよ。ボートレース。アレで年中騒いでんだもんな。(ブランディスには言い訳めいた事を並べ)&スポンサーさんでしょ?ブランディス君。kkwzwmdzdmzkk(08/30/0520:51)
◆レミラス >> おーいっきにきたねぇ(周りの様子に目を細めて)おーありがとさんっと(マスターからジョッキを受け取って)ん~まぁそいつはわかってはいるが・・・やめられんしねぇ(くすくすっと笑ってはジョッキを煽って)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0520:50)
◆ルスカ >> (どっこいしょーと適当な席に腰を下ろして)あーこんばんわ。(見知った顔123と確認すれば会釈をして)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0520:49)
◆ブランディス >> おいおい、ダレてくれるな、こっちまで辛気臭いのが移ったら、たまらないよ。(カウンターに背をつければシルファに言い。)オメェは、無理だ。運がないからな。(扉を開けた新顔に言って。)酒は少量だと良いが、飲みすぎると、熱くなるぜ。kkwzwmdzdmzkk(08/30/0520:48)
◆シルファリオス >> &ほんとだ。(間隔は短く、次の客が。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0520:48)
◆シルファリオス >> (おもむろに、窓際の席を選ぶ。椅子に掛ける。)&ッはァ、疲れたもんだ。(開口一番、ダレた愚痴。)&ぉう、ども。kkwzwmdzdmzkk(08/30/0520:46)
酒場のオヤジ >> ルスカさん。いらっしゃいませ。その賭けオレのほうにも金が回ってくる事を祈ってるよ。(瞼が頑張ってそうな顔を向け扉を押して入って)kkwzwmdzdmzkk(08/30/05 20:46)
◆レミラス >> まぁそりゃわかってるさ、だからこうやって涼しくなりにきたんだよ(そういえば酒をジョッキで注文して)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0520:45)
◆ブランディス >> でもな、倍率で高いのやられると、出費が笑えなくなるんだよなぁ&。(そんな言葉を言う己は、他人事のように笑い。)ん~、今日は、入ってくる間隔が短いようで。(シルファリオスの顔を見れば、2人に背を向けて。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0520:45)
酒場のオヤジ >> シルファリオスさん。いらっしゃいませ。(扉の開く、無機質な音。青年は、無言だった)kkwzwmdzdmzkk(08/30/05 20:44)
◆ブランディス >> 船長の方も、ご盛況だと思うね、嗚呼、賭けでだよ。胴元はかなりの確率で大金がいく仕組みになってるから。(オヤジに、ケラッと笑いながら言えば、首を後に回し、レミラスを見て。)そりゃぁ、まだ8月だ、暑いに決まってるよ。kkwzwmdzdmzkk(08/30/0520:43)
酒場のオヤジ >> レミラスさん。いらっしゃいませ。(から~っりと扉を開け入って来る赤髪の大女)ふぅ・・まだまだあっついねぇ・・・(そういえばずかずかっと近くの席に座って)kkwzwmdzdmzkk(08/30/05 20:41)
◆ブランディス >> (扉が閉じれば、色んな話題で、ざわめき立つ店内を見回せば、カウンターへ一直線へ歩み。)いゃ、久しぶりオヤジ、そろそろ二代目に任せて隠居したら良いのに。(若くはないんだからさ、と付け加え笑って。)ボート・レースで、港町に人がごった返しになってたよ。kkwzwmdzdmzkk(08/30/0520:40)
◆ブランディス >> ん~、何時来ても、繁盛してるね、この酒場は。(額に黒バンダナに長い白髪、黒のロングコート姿の男が、扉を閉じて...。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/0520:36)
酒場のオヤジ >> ブランディスさん。いらっしゃいませ。ギィィ......(冒険者達の熱気が喚き立つ空気に、扉を開き、晩夏の風を入れて。)kkwzwmdzdmzkk(08/30/05 20:33)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|