古畑任三郎 vs FFDQキャラ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


古畑任三郎 vs FFDQキャラ

1 名前:古畑:2006/01/28(土) 19:36:48 ID:Utdt8Fc00
ゲマさぁ~ん、それは違いますぅ~!!
んふぅん~…こぉれはぁ~ さ つ じ ん ですぅ!
なぜならぁ、これから自殺しようとする人が「ぬわーーっっ!!」なんて奇声をあげませぇん~!!はい。
被害者のパパスさんは、 そ れ ほ ど 抵抗した形跡もありませぇん。
犯人はおそらく何か弱みを握っていたとしか思えませぇ~ん


ん~っ、……息子さんをかばってぇ~……命を落としたのではないでしょうか~?

2 名前:喫茶店の女・璃紗 ◆FmTem.iYjQ:2006/01/28(土) 19:38:28 ID:t0jidySM0
ぬわーワロスwww

3 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 19:39:08 ID:aAuwNg2gO
余裕の2ゲット

4 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 19:51:25 ID:BT4sqb0HO
良スレ

5 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 20:14:13 ID:Dv77YYeu0
どうせなら真実の鏡ネタでやってくれw

6 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 20:30:20 ID:poPskLjyO
古畑 「ヴィンセンとーさん。
え~…ダージュオブケルベロス氏の葬式会場はアチラになります。はい。
んふ~。是非とも貴方にも参列お願いします」

ヴィンセンとー「……ナゼ私が……?」

古畑 「ん~…遺族(購入者)の方はそれを望んでます~」

ヴィンセンとー 「…仕方ない。では参列するとしよう!?」

7 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 20:34:40 ID:SmHkngR7O
古畑「んー、ジタンさん‥あなたー何故こんなことを?」
ジタン「罪を犯すのに理由がいるかい?」

8 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 20:52:09 ID:5MRAyxFx0
なんか岩が動かされてるんですけど!
戻しても戻しても動かされてるんですけど!

9 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 22:01:12 ID:afmz47IC0
おもしれー

良スレの予感 期待age

10 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 22:03:14 ID:CcO3I+5Z0
ガリで

11 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 22:06:49 ID:N5eJq+/s0
おもしれーけどハードルが高いwwwww

12 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 22:07:50 ID:yqkP/ch/0
確かに難しい


13 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 22:13:18 ID:Mc8/2QMq0
古畑「これほど巧妙ないじめを知りませーん
ただゲームを作るだけで100万人を絶望させたー
えー、そしてそれが出来たのは、北瀬せんせぇー、あーなーたーだーけーでーす」

14 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 22:17:27 ID:Dc5oFgYS0
古畑ケフカ「今泉くん。さっきのぉ、役立たずと言ったのは取り消してあげましょう 
なぁぜぇなら今泉くん、あぁなたは~ハー 役立たず以下。だからですぅ~」

15 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 22:20:28 ID:BT4sqb0HO
古畑「カインさ~ん…あなた、嘘をついてますね?ほんとは最初から正気だった…違いますか?」

カイン「な、なにを言ってる。俺が好きであんなことやると思うか?
まずそんなことをする理由がない」

古畑「聞きましたよ…あなたはローザさんが好きなんですよね?
そのローザさんを親友のセシルさんに取られた、それに逆上してやったんじゃないんですか~?」

カイン「いや、しかし…」

古畑「さっさと白状しろや!このガリ!」

ちょwwwネタ尽きた…続き誰か書いていいよ

16 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 22:22:22 ID:aOgkMK+d0
>>13
うまいww

17 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 22:29:17 ID:CcO3I+5Z0
>>15

貴方はゴルベ~ザさんに倒すのは自分だと言い張っていましたね~。
まぁどうでもいいんですが~メテオの準備はできました~。
尻尾を巻いて白状するなら今のうちですよ~?



18 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 22:35:26 ID:Mc8/2QMq0
古畑「えー、自供していただけますか?」
ゴルベーザ「いいですとも!」

19 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 22:39:32 ID:jJULZAjG0
古畑「え~王様。残念ながらぁ……あなたは王、様、じゃ、あ、ありません。
王 「どういうことかね?
古畑「んっふふふふ……え~、よくよく考えてみればですね、
   あなたが王様であるはずがないんです。
   いいですか?
   あなたは今までぇ、コウモリやヤモリを食事として出させています。
   先ほど、お城の、え~、女中さんっていうんですか、
   調理場でお食事の準備をされている方がですね、話して下さいました。
   いつもいつも、包丁でそれを捌くときは吐き気がしてくるとまで言っています。
   しかしながら、え~、ひとたびそれを料理に出すとですね、
   あなたはいつも喜びながらそれを口にしていた~っふっふっふ、はい。
王 「わからんな。それがいったい何の証拠になるというんだ?
古畑「問題はそこなんです。コウモリにヤモリ、コウモリにヤ、モ、リ、です。
   ……え~普通の人間でしたらですね、そんなものは食べません。食べないんです。
   爬虫類が苦手な方はこの世界にも多くいます。もちろん、王族も例、外、ではない。
王 「……
古畑「あなたはですね、てっきり、王族は爬虫類を食すものだと思い込んでいました。
   そこでうっかり、コウモリやヤモリを食事に出すように女中に命令してしまった……
   んっふふふふふ、え~……実に不注意としかいいようがありません。
   もしここであなたがこんなミスをしでかしていなければぁ、
   おそらく私は気づかなかったと思います。ん~
王 「……

20 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 22:41:03 ID:TbhbhiOgO
>>18
うまい


21 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 22:41:49 ID:jJULZAjG0
古畑「え~……そろそろ本当のことを教えていただけないでしょうか?
王 「古畑くん。
古畑「はい?
王 「私が王でないことは分かった。だが、だから何だというのかね?
古畑「え~……『何だ』、とは?
王 「今の君の話は、私が王ではないという事実を証明するものでしかない。
   君は、私が王でないという事実だけで、私を魔物扱いするというのかね?
古畑「……
王 「君の話はなかなか面白かったよ。だが古畑君、残念ながら、私は魔物じゃないんだ。
古畑「ん~っふっふっふっふ……。え~っへへ、王様ぁ……
   あなたは、ま、も、のです。
王 「……
古畑「え~……大変残念ですが、あなたは魔物なんです。
王 「古畑君……
古畑「あなたは魔物です。そして魔王の配下です。
   あなたは、王様に化けてこの国を支配しようとしていたぁ……
王 「古畑君、もういいよ。
古畑「本物の王様はですね、今でも生きています、そしてですね、
   今もどこかで助けを待っているはずなんです。
王 「古畑君!
古畑「彼は。え~…………
   彼は、この城の地下に、閉 じ 込 め ら れ て います。
王 「……

22 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 22:45:52 ID:jJULZAjG0
古畑「……え~、いかがですか?
王 「……証拠はあるのかね。
古畑「……はい。
王 「それじゃ、見せてもらおうか。
古畑「分かりました。……お~い、今泉君。
今泉「はいっ!
古畑「例のヤツ持ってきて、大至急。
今泉「はいっ! (走り去る)
古畑「ん~っふっふっふっふ……え~、王様。
   人というのは実に不思議です。一見すると、誰とでも互いに 
   親しく接しているように見えますが、その内面は実に複雑です。
   王様はそうお感じになりませんか?
王 「……
古畑「え~王様。私はですね、ときどき思うことがあります。
   人間の、え~目の前で話している人間のぉ、え~真実の姿を見てみたい、と……
   私はこういう職業ですから、どうしても嘘をついている人間をぉ、
   見破らなければならない機会というのが、大変多いんです。
王 「……
古畑「え~この地方にはですね。
   真実の。……いいですか真実の。真実の姿を映し出すぅ……
   か が み が存在するんです。
王 「……

23 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 22:45:56 ID:yqkP/ch/0
古畑「あなたはとんでもない間違いをおかしました」
スコール「俺は過去形にはされたくない」

24 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 22:46:04 ID:CcO3I+5Z0
本物の王「監禁プレイ最高ナンダョォォォォォ!!!」
今泉「本当に有難うございました。」

25 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 22:48:20 ID:jJULZAjG0
古畑「え~その鏡を覗き込むとですね、その者の真実の姿を映し出してくるといいます。
   例えば、厚化粧をしているおばさんだったらすっぴんの顔を、
   スライムがさまよう鎧に化けていたらスライムの姿を映し出す、そして!
   ……え~、人間に化けている魔物。これはぁ~…………魔物の姿を映し出す。
王 「……
古畑「その鏡はですねぇ、ここから南に行った洞窟の中にありました。
   先ほど、今泉君に行って取ってきてもらいました。
   ……ああ、来ました来ました。今泉君ご苦労さん。行っていいよ。
今泉「はいっ!(退場する)
古畑「さて王様。この鏡にあなたの姿を映すと……んっふふふふ、え~……
   な に が、映ると思いますか?
王 「……もういい。
古畑「はい?
王 「もういい。
古畑「なんですって?
王 「もういい、と言ったんだ!
古畑「すみません聞こえませんもう一度、王国中に聞こえるように大 き な 声でお願いします!
王 「もういいっ!
古畑「それは自白と考えてよろしいんですか!?
王 「…………………………………。
古畑「……は~い~。ありがとうございます。

26 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 22:57:09 ID:y5cSQvqS0
>>25
>王国中に聞こえるように大 き な 声
無理言うなw

27 名前:死神の杖 ◆xJAbNlzdII:2006/01/28(土) 22:58:35 ID:CcO3I+5Z0
>>26

甲羅をほら貝みたいな感じで

28 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 22:59:16 ID:y5cSQvqS0
>>27
耳潰れるって!
古畑耳潰れるって!

29 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 22:59:38 ID:UAj181Z3O
古畑「え~、今回の事件、犯人は間違いなく勇者一行ですぅ~。
消えた店の毒針を手にできたのは~彼らしかいません~
鍵のかかった密室に忍び込んだトリック、え~実に簡単かつ見事でした~
しかし~、残念ながら肝心の証拠がありませ~ん。ん、んぅ~困ったものです~
だからこれから私は彼らに一つ カマ をかけてみようと思います。犯人の彼らなら必ず乗っかってくるはずです~
みなさんもよ~く考えてみてください。勇者一行がこちらの思惑に乗りそうなものを。
ヒントは~、穴の開いた悟りの書、こぼれていた聖水。そしてぇ~どうして遊び人のメイクが崩れていたか~
古畑任三郎でした。」

30 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 23:02:50 ID:jJULZAjG0
>>26
元ネタに合わせたんだ。勘弁してちょーだい。

31 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 23:03:38 ID:VZIXhRw30
>>25
はい。この後エンディングテーマ

32 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 23:06:45 ID:GWhIW6Nr0
古畑任三郎って誰?

33 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 23:07:39 ID:CcO3I+5Z0
>>32


現実のケフカ

34 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 23:12:52 ID:Mc8/2QMq0
古畑「えー、エアリスを殺すよう提案したのはあなただそうですね」
野村「死んだのはゲームキャラでしょ?僕はいったい何の罪で罰せられるんだね」
古畑「えー、何も。 そこなんです、だから私はお手上げなんです
これほど完璧な殺人の計画を私は知りません!」


35 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 23:17:18 ID:mscXH4540
なんかいろいろワロタww

36 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 23:18:52 ID:9V5Suekv0
王のやつ完成度たけーなーw
このスレおもろい。けどネタ作りむずい

37 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 23:24:16 ID:P+EMGqoFO
古畑「バルガス!!なぜ師匠を殺した!?」

38 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 23:29:37 ID:iRe3V0MAO
>>37で一気にクオリティが下がった

39 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 23:32:44 ID:1jw0+7ZVO
>38
マジレスカコワルイ

40 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 00:12:55 ID:YZYJnimsO
古畑「クラウドさぁ~ん。アナタは確かにティファさんの胸を触りました。まぁちがいありませぇ~ん、えぇ~。」
クラウド「俺は許されたいんだと思う。俺は……許されたい…。」
古畑「んふぅ。こればかりは…ゆ る さ れ ま せぇ~~ん」
クラウド「(罪を認めて)少しは軽くなった気がする。」
古畑「ふふふぅ。そうですか~。では署まで御同行お願いします。」

41 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 01:33:25 ID:I+ElqbAH0
古畑「えー、8,190 円 問題はこの数字なんです、8,190 円
実際は8,190 円じゃ高すぎたんですよ、その結果ー、ファンは死ーんでしまいましたー
値段に誤りがあったんですぅ」

42 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 01:34:56 ID:I+ElqbAH0
>>40
ワロタw

43 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 02:16:03 ID:6APSMNjLO
古畑「え~、プレイヤーさん、あなた~魔大陸でシャドウさんを見殺しにしましたねぇ~?」

44 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 02:29:45 ID:oW836/dQ0
セシル「カイン君、ゼロムスにジャンプして」
カイン「か、勘弁してくださいよぉー。だってここ宇宙空間みたいじゃないですかぁー
    ジャンプしたら絶対落ちてこれませんよぉ」
セシル「いいから早く!」
カイン「無理ですよぉー。だいたいなんでセシルさんだけア、アダマンアーマーなんか着てるんですかぁ
    ずるいですよ!」
セシル「うるさい男だねぇ君は。エッジくん、あれ、ウインドスピア渡してやって」
エッジ「はい、わかりました。どうぞ、カインさん」


45 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 05:18:14 ID:SxAQxM2u0
古畑「えー。この事件の犯人はー、とても特殊な殺害方法で犯行に及びました」

ホークブリザード「ほほう。それでそれで?」

古畑「えぇ。先程調べさせていただいた資料によりますと…【ザラキ】という魔法があるそうです
無差別に人間を死に追いやる…んふぅー、とても怖い魔法です。
人々から恐れられている魔法のようですー、はい。ホークブリザードさんも御存知でしょうか?」

ホークブリザード「知りませんねぇ。古畑先生は私を疑っているようだな?
非常に不愉快だ!
あまり私を怒らせないほうがいい!」

古畑「失礼しました。えぇー犯人はその場にいた一行を皆殺しにするつもりだったようです
何故なら…ビアンカさん一人を狙うのであれば【ザキ】で十分だからです
しかし犯人は【ザキ】ではなく【ザラキ】を唱えました
おそらく犯人は…この家族全員に相当恨みがあったに違いありませーん。
しかし犯人は一つだけ大きなミスをしてしまったようです
そうです!生き残ってしまった人間がいたのです
その方の口から様々な情報が聞けました。
そして犯人が浮かび上がりました。んふふふ~、ホークブリザードさん、あ・な・た・です!」

ホークブリザード「どうしても私を怒らせたいようだな。(動揺を隠し切れず着ていた服を破り始める)」

46 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 05:49:04 ID:g+6UQ5l+O
古畑「今泉君~、何やってるの?」
今泉「ゲームですよ、最近出たダージュオブケルベロス」
古畑「だーじゅ・・・ん~何か難しい名前だねぇ」
今泉「古畑さん、横文字苦手ですからね。面白いですよ、やってみますか?」
古畑「私は興味ない。」
今泉「そんなんじゃ頭がかたくなって髪の毛なくなっちゃいますよ」
古畑「君に言われたくないよ」
ペシッ
今泉「すぐに手を出すんだから・・・」


47 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 05:51:00 ID:g+6UQ5l+O
古畑「・・・アレぇ?今泉君、今の画面おかしくなかったかい?」
今泉「どこがです?」
古畑「字幕だよ~、じ~ま~く~」
今泉「もう一度見てみますか」
古畑「ほら、やっぱり~。ヴィンセンとー!ってなってる~」
今泉「ヴィンセントは名前だから全てカタカナじゃないとダメですね。製作者も馬鹿なやつ(笑」
古畑「う~ん、普通なら作ってる最中に気づくんじゃないかぁ?後で見なおしたときにも気づかなかったというのは変だよ~」
今泉「ただサボってただけなんじゃないですか。気にしすぎですよ」
古畑「う~ん、妙だねぇ、臭うねぇ、怪しいねぇ。
相手はプロだよぉ?こんなミス見逃すわけがない~
ありうるとすれば~、わ~ざ~と~このまま残した~」
今泉「わざとなら何のためにです?」
古畑「何かを伝えたかったんじゃないのかな~
たとえばダイイングメッセージのように~」
今泉「考えすぎですよ」
古畑の携帯が鳴り、電話に出る
西園寺「古畑さん、たった今川原で死体が発見されたと報告が。
死後数週間たっているそうで、被害者はゲーム会社に勤めていたみたいです。
とりあえず現場まで来ていただけますか?」
古畑「今泉君~、行くよ~」

48 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 05:53:46 ID:4ZIT2K9CO
古畑「んっふぅ~、 実 に 巧妙なトリックでした、シドさんを殺したのは、セリスさぁん あ~な~た~ですねぇ~?」
セリス「古畑さん、証拠はあるのかしら?」
古畑「はぁい、西園寺く~ん」
セリス「なによ、ただの魚じゃない!」
古畑「そう、これは魚ですぅ~、 し か し ~ 、これはただの魚ではありませぇ~ん!これはまずい魚ですぅ」
セリス「っ!!!!!」
古畑「んっふふふぅ~、え~司法解剖の結果ぁ、シドさんの体内から魚の肉片が検出されましたぁ~。鑑識の調査によると島付近の海域の魚のものであると断定されましたぁ~。そ し て、これがその魚ですぅ」
セリス「まずい魚がなんだっていうのよ!まずくても魚は魚でしょ!」
古畑「はい~、残念ながらこの魚からは毒物の類いは一切検出されてませぇん。た だ ~ 、栄養価は無きに等しいと報告書に書いてありますぅ。
そ し て シドさんも死亡する直前はか~な~り体が弱っていたみたいですねぇ、栄 養 失 調 え~これも報告書に書いてありますぅ」


49 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 06:13:54 ID:nRgZfmGd0
流石DQ・FF板
クオリティが低いなwww

50 名前:セリス自白マダー:2006/01/29(日) 06:14:53 ID:ubHR6Ng80
わ~く~て~か~ しな~がらも~
つづ~き~を まつ~~

51 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 06:26:47 ID:4ZIT2K9CO
>>48続き
古畑「この状態でこの魚を与え続ければいずれシドさんは亡くなりますぅ~、んっふふぅ~、かなりのご老体でしたからね」
セリス「…………」
古畑「え~これほど都合良く悪条件が重なるのはケフカさんに因るところはありますぅ~。
ですがこの条件をとっさに理解しシドさん殺害計画に利用するとは…んふぅ~、 実 に お見事でしたぁ~」
セリス「……さすがね…古畑さん」
古畑「セリスさぁん…なぜシドさんを殺したんですかぁ…?あれほどあなたによくしてくれた方だったのに…んん~動機はなんだったんです?」
セリス「あいつは…私の体を弄んだのよっ!私に魔導を注入する時も…そしてあの時も…あいつはっ…!!」
古畑「………」
セリス「……でも…あいつは私をあの島から出そうと毎晩夜業して筏を作ってた……何で…?」
古畑「それは~…崩壊した世界を見てシドさんは今までに犯した過ちを清算しようとしたんじゃないでしょうか~?
せめてあなただけでも生き延びて欲しい…そう思ったんでしょう…」


52 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 06:28:24 ID:YWOiVwuwO
古畑「残念ながら、じょお~さま、かれらはブロンズの十字架を盗んだ犯人ではありませ~ん… この事件の裏にはずる賢い窃盗のプロがい る の で~す…」

女王「ならば、この者達の無実を証明してみよ!」








30分ご…
牢屋の中の今泉「だからって、なんで僕が人質にならなきゃいけないんですかっ!?」

勇者一行にサインもらいながらの古畑「しょおがないだろ~、いまいずみくん。勇者さん達は忙しいんだから…」

53 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 06:40:57 ID:4ZIT2K9CO
>>51続き
セリス「…そんな…そんなわけ…」
古畑「んん~…さらに言うならシドさんは自分が亡き者にされようと薄々感づいていたに違いない…その手紙が何よりの証ですぅ…」
セリス「……これで…罪を償った…つもりなの…馬鹿な…奴…」
古畑「ん~…お察ししますぅ…」
セリス「…さ、行きましょう、古畑さん」

長々とスマソ

54 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 06:49:21 ID:7UZGXokR0
>>53
GJ!!!!!
リアルタイムでFF6崩壊後やってたんで
声出して笑ったよ。


55 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 09:09:39 ID:C76F26iwO
脳内でエンディングテーマが流れた

56 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 11:14:06 ID:VKFXHNHEO
>53




古畑任三郎 田村正和


セリス 仲間由紀恵


シド 山崎努




脚本 >53

音楽 本間祐輔

照明 菱山勇

プロデュース 関口静夫

演出 >53

制作著作 フジテレビ


57 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 11:28:51 ID:4ZIT2K9CO
おまいらサンクスコ!駄文でよければいいネタ浮かんだらまた投下してみます
しかし古畑の台詞回しを文にすると激しく難しい…

58 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 11:37:24 ID:YBj2df7xO
>>56

セリス 仲間由紀恵


イイ!

59 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 12:09:10 ID:VKFXHNHEO
>58
このスレは驚異的に伸びる予感がしたんですよ。

60 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 12:31:11 ID:MOjiSFQV0
テラ「だから何が言いたいんじゃ!はっきり言え!!」
古畑「・・・では率直に申し上げます~。
あなたパロムちゃんとポロム君を見殺しにしましたね。」
テラ「なんだと!?からかうにも程があるぞ!!」
古畑「・・・あなた・・あの時エスナを唱えていない。」
テラ「何を・・」
古畑「あなた程の賢者のエスナが、子供の使ったブレイクに通用しない訳がない。」
テラ「・・・」
古畑「あなた・・あの二人に嫉妬していた。」
テラ「老いを・・老いを感じたくなかったんじゃよ・・」
古畑「はい。」
テラ「わしの力で・・わしの力でゴルベーザを倒したかったんじゃ・・
あの二人がいるとわしの魔力が・・必要ないと思ったんじゃ・・
古畑「・・・はい。」
テラ「ゴルベーザを倒せばあの二人は元に戻してやるわい。」
古畑「・・・」
テラ「娘の・・アンナのかたきをわしの手で討ちたかった・・・」
古畑「・・・お察しします・・」

61 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 13:53:56 ID:7KIT7hGe0
古畑   「え~バルガスさん。どうして、どーうーしーて、ダンカン師匠を殺したんですか?
       実の息子で、マッシュさんの兄弟子である、貴方がぁー……
バルガス「……それはなあ……奥義継承者は、息子の俺ではなく……
      拾い子のマッシュにさせるとぬかしたからだ!
古畑   「バルガスさん。それは違います。
バルガス「どう違うんだ? 違わないさ、そうあんたの顔に書いてあるぜ!
古畑   「え~師匠はですね、マッシュさんではなくバルガスさん。
       貴方の素質を……
バルガス「たわごとなど聞きたくない
       わ!


バルガス「……すいません、もう1回お願いします。

62 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 15:41:42 ID:QDeNT836O
古畑「えー、あーなたは少々高すぎました」
古畑「そしてー、あ ま りにも粗悪な内容だった、と購入者の証言があります そ れ が、 何よりの証拠ですーハィ」
ヴィンセント『すまない、今になって後悔している…』
ヴィンセント『しかしこれだけは信じてくれ』
ヴィンセント『私も、あそこまでひどいとは思わなかったんだ…』
ヴィンセント『世界など、救いたくはなかった…仕方がなかったんだ…』
古畑「ではー、次は私の財布を救ってくださーい」
ヴィンセント『フ、フフフ…君にはかなわないな、』
古畑「ではー、行きましょうか」
古畑「ブックオフまでご案内致します」
ヴィンセント『あぁ、』

~エンドロール~

63 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 16:16:05 ID:C76F26iwO
>>37-39ワロタ

64 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 16:30:18 ID:I+ElqbAH0
古畑「ヴィンセントさんを射殺したのは、宝条先生あなたですぅ」
宝条「証拠を見せたまえ」
古畑「えー、証拠は凶器です。
あなたが撃った銃の弾道検査をすればこの事件は解決です!」
宝条「かかっかかかか、そんな銃は存在しなーい」
古畑「あははぁ、あなたー、銃が絶対に見つからないと思ってそんな強気でいるんでしょうがぁ、
あなたー、たった今この場所で、わーたしーの目の前でー、銃を隠しましたねぇ?
それも警察の捜査が絶対に届かない場所にー、いくら私が探しても普通は絶対気づかない場所ー」
宝条「・・・・・・・」
古畑「それはー・・・・ わたしの え り あ し の中ですぅ
んふふー、 あ な た を 逮 捕 し ま す」

65 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 18:06:29 ID:UQVOAKcaO
新年あけましておめでとうございます。古畑任三郎です。さてみなさん世界を救おうとしてよんだ助っ人が逆に思わぬ災難をもたらしてしまうことがあります。今回はきわめて残虐非道な犯人の登場です。~テーマ曲~ 特別出演ダークドレアム

66 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 18:07:56 ID:yGQfXsQE0
古畑「セリスさんを自殺させたのはー…あなたですねぇシド博士」
シド「な、何故わしが、娘と思って育ててきたあの子を自殺に追い込まなきゃならんのじゃ!」
古畑「んー…確かにあなたは娘と思って育ててきたかもしれませんねぇ…
でもそのセリスさんがあなたを殺そうとしてあなたにまずい魚だけを
生のままで食べさせていたとしたらー…」
シド「あの子がわしにそんなことをするはずがない!第一、証拠はどこにあるんじゃ?!」
古畑「それがですねぇ…その証拠がないんですよー」
シド「なんじゃと?証拠も無しにあの子にそんなこと言うとは、なんという男じゃ!」
古畑「えぇ証拠はありませんよー、ありませんがー…あ な た が 亡くなったと
見せかけた証拠はあります」
シド「はっはっは、わしが死んだと見せかける証拠など、どこにあるのじゃ!」
古畑「えー…これですよ、これはですねぇ…あなたが事前に用意しておいた手紙です」
シド「手紙じゃと?」
古畑「えぇもちろん見覚えありますよねぇ、あなたが書いたものですから…
セリスさんに殺されると危険を感じたあなたはー…この手紙を事前に書いておき
ある日突然、死んだように見せかけたー…違いますか?」

67 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 18:10:25 ID:eERWGGxs0
古畑「えー、確かにガラフさんを殺害したのはエクスデスさんです。これは状況を見れば明らかです。が、しかし~、この事件には真犯人がいま~す…バッツさん、あ  な  た です…」
バッツ「なんで俺なんだよ!ガラフは最高の仲間だったんだ。俺が仲間を傷つけるわけないだろ!それに俺はあの時、エクスデスの魔法のせいで動けなかったんだ!!」
古畑「ん~、あなたのおっしゃる通りです。あの時エクスデスさんは~、バッツさん、レナさん、ファリスさん、ガラフさん、そして、あなたたちを助けようとしたクルルさんの動きを封じていた。
そしてガラフさんは~、その魔力に負けず、身を挺してクルルさんを助け、一人エクスデスさんに立ち向かった。その結果~、ガラフさんはエクスデスさんに殺された…あの時現場にいた~、レナさん、ファリスさん、クルルさん、そしてあなたは、こう証言されましたぁ…」
バッツ「そうだ、その通りだ。ガラフは一人勇敢にエクスデスに立ち向かっていったんだ!」
古畑「しかしー、この証言には一つ大きな間違いがありま~す…それは、あなただけ  動  け  た  というところです…」
バッツ「!!?」
古畑「あなたはあの時~、左手にイージス盾を持っていた。その盾のお陰であなただけ~、エクスデスさんの魔法を防ぐことが出来ました~。したがってあなたはあの時ぃ、動くことが出来たんです。
…でもあなたは~、ガラフさん一人ではエクスデスさんに勝てないことを知りながら、ガラフさんを助けようとしなかった。違いますかぁ~?」
バッツ「クッ…」
古畑「なぜガラフさんを助けなかったのです?」
バッツ「わかったよ…全部話せばいいんだろ。俺はあそこで…ロンカ遺跡であいつを…クルルをひと目見てから、いつかレナとファリスとクルル、4人で旅をしたい思い始めた。
でもそれは不可能だということもわかっていた。ガラフも大切な仲間だから…」
古畑「それではなぜ助けようとしなかったのです?」
バッツ「助けようとしたさ!でも、あの時、このままガラフが死ねば…クルルが仲間になると思ったんだ。だから…だから、ガラフを…」
古畑「バッツさん。なぜそこまでクルルさんを?」
バッツ「そんなこと…ハーレm」
古畑「お察しします…」

68 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 18:18:44 ID:78kyhT+Y0
古畑「貴方はミスを犯しました~。エブラーナ王、王妃を魔物にしたのは~、状況から見て明らかにルゲイエさんの反抗ですぅ~。
しかしー、貴方は確実に罪を犯しています~、ルビカンテさ~ん・・。」
ルビカンテ「なんだと?」
古畑「それは貴方がマント一枚で全裸だからですぅ~。足がまるみえなので~、全裸ではなくとも半裸ですぅ~。これは立派な猥褻物陳列罪なんですぅ~。」
ルビカンテ「くっ・・・。私は・・・このからだ一つで勝負したかったんだ・・。」


今泉「じゃあバルバリシアさんはどーなるんですか?」
古畑「目の保養だからOK。」
ルビカンテ「ちょwwwwwwwwwwwwwwwwww」


69 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 18:34:35 ID:yGQfXsQE0
シド「も、もしそうだとしてもじゃ、セリスはわしを殺そうとしていたのじゃろう?
わしが死んだのを見て喜ぶはずではないのか?何故わしが死んだのを苦に自殺したのじゃ?」
古畑「んーふーふー…わたしも先ほどから自殺と言っていましたがねぇ
実は自殺に見せかけた 殺 人 事 件 なんですよー…」
シド「なんじゃと?」
古畑「セリスさんはー、あなたが亡くなったのを見てから
崖に行って、綺麗な夕日をいつまでも見ていました
んー…夕日を見て何を思っていたかは知りませんが
それを邪魔したのがー…あ な た で す ね ぇ シド博士」
シド「わしが崖に行って、セリスを突き落としたというのか?」
古畑「えー…セリスさんが崖に行ったのを確認してから、あなたも家を出て
気づかれないように行って崖まで着きましたがー…
崖まで着いたあなたはあ る こ と に気がついた
それは隠れる場所が無いということなんですねぇ…
隠れる場所があれば、振り向かれてもよほど勘の鋭い人で無い限り見つからないでしょうが
隠れる場所がなければー…見つかりますねぇ…

んー、崖で夕日を見ていたセリスさんはー、何気なく振り向いて
あなたに気づいてしまいました
死んだと思ったはずの人間が目の前にいればもちろんー動転してしまいます…
その隙をついてあなたはセリスさんを 崖から突き落としました…
シド博士ー…自殺と見せかけてセリスさんを殺したのはー…あなたですねぇ」
シド「……わしはあの子を娘と思っていたんじゃ
それは本当のことじゃ!じゃがあの子は…セリスは、わしに魚を生のままで食べろと言ったんじゃ…
それも、まずい魚を…毎日じゃ
わしは耐えられなかった…娘と思って育てたセリスに、裏切られた…」
古畑「しかしそれを殺人に持っていくことはー…いけませんでしたねぇ」
シド「…誘惑に負けたんじゃな…わしは…」

すまんかった…_| ̄|○||

70 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 19:39:00 ID:I+ElqbAH0
>>68ワロタ


71 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 20:25:14 ID:nRgZfmGd0
ヒゲ「計画は完璧だったのに・・・」
古畑「・・・」
ヒゲ「古畑さん、最後に1つだけ伺っても宜しいですか?」
古畑「何でしょう?」
ヒゲ「映画が大コケすること、いつから気付いてたんですか?」
古畑「あなたが映画制作を発表した時です」
ヒゲ「ふっ・・・あなたには敵わないな」
古畑「それでは参りましょうか」

72 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 20:36:15 ID:nRgZfmGd0

 古畑  「ファイナルファンタジー。ファイナルファンタジーには映画は
作れませんよ。無理です。絶対に無理です。ゲームもロクに作れない会社じゃ無理です。
実は今日私は、それを言いに来たようなものなんです。」


73 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 20:55:57 ID:MSrremB70
>>72
( ^ω^)<キミには何言わせてもつまらないね

74 名前: :2006/01/29(日) 20:59:09 ID:nRgZfmGd0
コピペなんだけどね。

75 名前: :2006/01/29(日) 21:00:43 ID:nRgZfmGd0
>>72のシチュエーションってのは古畑がアリをけちょんけちょんに貶すシーンだから
必ずしも笑いを取ったわけではない。

76 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 21:02:45 ID:MSrremB70
ごめんなさい
( ^ω^)<キミには何言わせてもつまらないね
を流行らせたかったんです

77 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 21:11:19 ID:I+ElqbAH0
俺はワロタよ 特に>>71

78 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 21:13:17 ID:7KIT7hGe0
古畑「今泉君。なーんか甘い物が飲みたいね。

 ココアの粉、たっぷり入れてさ。
 牛乳入れてさ。
 角砂糖入れてさ。
 グラニュー糖入れてさ。
 蜂蜜入れてさ。
 ラードも入れてさ。

 そーんなものが飲みたいねー……

79 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 23:34:22 ID:lr9CQ11R0
古畑任ザブロウの本気の演技が見たかったのに、
何故ずーっと考えた、お尻を出す必要があるんですか。

80 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/30(月) 01:16:06 ID:eq6obxeJ0
>>78
なんかあのシーンはジーンと来た・・・・・・別に洒落じゃないよ

81 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/30(月) 01:26:01 ID:/v4wNhuj0
改めて古畑は最高だと実感した

82 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/30(月) 01:37:03 ID:5iiknj4u0
魔王の雑談スレでラプソーンが呪いのビデオを
作ったが呪いの効かない8主が4主と一緒に見よーって言ってる
ネタがあったが俺は書かない

83 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/30(月) 02:12:03 ID:kUUH7h2+0
えー、古畑ですぅ
さて!今回の犯人はー、類まれなる盗作ミュージシャンです
私出会った人間の中でも、最もFFを侮辱した女がー 登 場 です

84 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/30(月) 02:16:21 ID:eq6obxeJ0
女「笑顔咲く~君~と~繋がって~たい~」
古畑「あのうぅお取り込み中のところすいませぇん
え~とですね~おおつかあいさんでいらっしゃいますか~?」

85 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/30(月) 02:30:29 ID:vl7pReIs0
>>83
クソワロタ

86 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/30(月) 02:55:32 ID:OB9JtDY60
>>84の続き

女 「・・・・・・・」
古畑「あらぁ~?何故何も仰らないのですかぁ~?
   あぁ~失礼しました~私、お名前を間違えましたね~
   正しくは   盗 塚 愛  さんでしたね~いやぁハハ、すみませ~ん」

87 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/30(月) 04:21:45 ID:apZVdH1uO
古畑「んふふぅ~、これほどまでに往生際の悪い方を私は他に知りませぇ~ん!ドルマゲスさぁん、あなたの殺人はぁ、 あ ま り に も 稚拙ですぅ~」
ドルマゲス「か な し い な あ 、ここまで私を追ってこなければ死なずに済んだものを…」
今泉「ひいっ!ふふふ古畑さ~ん、なんかヤバそうですよぉ!応援を呼んだほうがいいですよー!」
西園寺「私も同感です。今までに多数の目撃証言がありながら悠々と逃げ延びさらに殺人の手口も大胆かつ強引。私たちで敵う相手とは思えません」
古畑「情けないことを言ってるんじゃないよお前たちはぁ~、物的証拠もあるんだよぉ?私が推理する必要すらない相手だよぉ~?えぇ~ドルマゲスさぁん、 あ な た を逮捕しますぅ」
ドルマゲス「…どうやらこの状況が理解できていないようですね。 か な し い な あ …せっかくお会いできたのに殺してしまうのだから………くらえっ!」

続く

88 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/30(月) 04:30:11 ID:kUUH7h2+0
楽しみだなぁ

89 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/30(月) 04:42:31 ID:apZVdH1uO
>>87続き
古畑「んふぅふ~、これはあのトロデーン城を壊滅させた呪いのいばらですねぇ~?今泉~、前に立ってぇ」
今泉「え?ちょ、ふふふふ古畑さん!!死んじゃいま…死んじゃ…死ん…ヒィィィィイイー!!!!!」

ドルマゲス「他愛もない、こうもあっけなく終わってしまうとは、あなたなら楽しませてくれると思っていたのに…ホッホッホッホ…ホ…ん?…な、何ぃっ?!」
西園寺「なんとも…ない…?僕達無事ですよ!」
古畑「んっふふふふ~、えぇ~ドルマゲスさんは存じ上げないと思いますがぁ、この今泉という男はですねぇ、んっふふぅ~、 実 に 運の無い男でしてぇ、はい~
えぇ~、爆弾が仕掛けられた観覧車に乗ったりですねぇ~、んん~他にも色々あったんですが~、忘れてしまいましたぁ~」
ドルマゲス「…それが…なんだって言うんです?」
古畑「私はですねぇ、 こ れ ほ ど 運 の 無 い 男は他に知りませぇん!この運の無さはぁ、ひじょ~~~~~~~に強力な“呪い”なんですぅ」

90 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/30(月) 05:13:39 ID:apZVdH1uO
>>89続き
古畑「これはですねぇ、調査によって分かったことなんですがぁ~、強力な呪いには~、他の呪いを寄せ付けない効果があるそうなんですぅ、んん~そうだったね西園寺くん」
西園寺「はい。竜神族のおばあさんの証言でウラはとれています」
ドルマゲス「そんな…バカなことが…」
古畑「んふふぅ~、そういうことですぅ。警察の捜査を甘く見てましたねぇ?えぇ~、 残 念 でしたぁ」
ドルマゲス「こんな形で私の目的が達成することなく終わるとは… か な し い な あ 」
古畑「えぇ~…お察ししますぅ」
ドルマゲス「私はね、古畑さん、あなたを力ずくで殺してここから逃げることもできるんです。でもね、あなたのような素敵な方をなくすのはあまりにも惜しい」
古畑「んっふぅ~、お褒めにあずかり光栄ですぅ」
ドルマゲス「それにあなたのことだ、私が実力行使に出ても何等かの手立てをすでに見出だしていたんでしょう?」
古畑「んん~、そういうことになりますぅ、はい。では参りましょうか、今泉~。 あ れ ~ 気絶してますぅ、放っときましょう」
ドルマゲス「 か な し い な あ 」

91 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/30(月) 05:56:39 ID:3/138xhNO
大作乙

92 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/30(月) 08:09:00 ID:oJ0bdxGxO
池田?

93 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/30(月) 08:28:40 ID:RUwadtBPO
大爆笑

94 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/30(月) 09:03:16 ID:VMcCdNqv0
誰に呪われたんだよ今泉wwwwwwwwwwwww

95 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/30(月) 09:54:45 ID:eq6obxeJ0
今泉の台詞もうまいな

96 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/30(月) 16:13:11 ID:Ktnep38Z0
ポロム「古畑さん、あなたは私がパロムを殺したと疑ってらっしゃるのね?」
古畑「・・・・」
ポロム「たしかにあの時私はパロムと一緒にいました。でもあなたのおっしゃっている事はあくまで空想の」
古畑「わたしはあなたが・・・パロムさんを殺したなんて一言も言ってはいません・・・!」
ポロム「・・・?」
古畑「あなたが・・・パロムさんを殺すことは・・・・不可能ですぅ・・・」
ポロム「・・・・」
古畑「場所をかえましょう」

97 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/30(月) 16:47:40 ID:Ktnep38Z0
古びたダンスホールへ

ポロム「・・・・」
古畑「言い訳になりますが~え~わたし実は若いころは白魔法が使えたんですぅ・・・
それが昨晩は、久しぶりだったもので・・・え~お恥ずかしいところをお見せしました~・・・」
ポロム「・・・・」
古畑「・・・・フンッ!!」ドスッ
突然ナイフで自分の太ももを突き刺す古畑
ポロム「!!な、なにやってんですかあなたは!?」
古畑「んふふ~いや~、手元が狂ってしまいましたぁ~、こ れ は 重症ですぅ~
さぁポロムさん・・・え~“ケアル”をお願いしますぅ・・・」
ポロム「・・・・・・」
古畑「・・・・・」
ポロム「・・・もういいよ、分かった」
古畑「え~・・・・あなたは・・・パロムさんですね・・・?」
頷くパロム
古畑「姿を似せても・・・白魔法はぁ・・・え~使ったものでしかできません~」
パロム「あんた、ほんとは白魔法なんか使えないだろ」
古畑「んっふっふ~、嘘をついてすみません あなたが(白魔法を)使えたらどうしようかと思ってましたぁ」
パロム「結局、俺がポロムになるなんて無理だったってことか・・・」
古畑「人には・・向き不向きがあります~」
パロム「ああ。なんか肩の荷がおりたよ。ほんと言うと、敬語は大の苦手なんだよなぁ
このほうが俺らしいぜ」
古畑「では・・・御同行願いますぅ~」
立ち去るパロム
スタッフロールが流れる


倒れる古畑
古畑(え~・・・・誰か・・・救急車お願いしますぅ~  ・・・んふふ~死んじゃいますぅ)

98 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/30(月) 17:02:54 ID:kUUH7h2+0
ワロスw

99 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/30(月) 17:26:21 ID:JgeYEtk40
このスレスゴスww

100 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/30(月) 17:41:11 ID:4pXLxoBbO
古畑「んふふ~。この大量のプリンプリンセスを殺害したのは貴方たちですね~、リディアさん、エッジさん。」

リディア「メガフレア」


今泉「古畑さあん!」
西園寺「いまいちど!」
プリンプリンセス「またも敗れるとは!」
カイン「俺巻き添えぇぇ!」


古畑「お察しします…」
エッジ「(´・ω・`)」

434 KB
続きを読む
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。