三浦ハル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

声 - 吉田仁美
ツナと同い年の女の子で、3丁目に住んでいる。年齢は14歳(中学2年生)。5月3日生まれの牡牛座。B型。身長156.5cm、体重46kg。好物はラ・ナミモリーヌのモンブラン。嫌いなものはエロい人。チャームポイントはつむじ。
偏差値の高い女子中学校(緑中)に通っているが、天然ボケでドジな行動が目立つ。常に一生懸命で、頑張り屋。英語交じりの少し変な敬語で話す。一人称は「ハル」。口癖は「はひ」。ツナのことは「ツナさん」と呼ぶ。当初はリボーンに惚れ込んでいたが、溺れた所を死ぬ気状態のツナに助けられて以来、ツナの事を好きになった。思い込みが激しい所があり、一人で先走ってしまい話をややこしくすることもよくある。マフィアの存在についてはあっさり受け入れており、将来の夢はマフィアのボス(つまりツナ)の妻。父・晴良(声:蓮岳大)は大学の数学教授。
新体操部員。工作が得意で、変な着ぐるみを作っては着ている。リボーンなど小さい子供が大好きで過保護なあまり、獄寺とはランボを巡りよく衝突している。案外ウブで、大人ランボは「なんか全体的にエロい」らしく苦手としている。また、毎月第3日曜日を「ハル感謝デー」とし、その日だけはケーキを好きなだけ食べると決めている。なお、京子も同様の決め事をしており、それがきっかけとなり仲良くなった。
また、単行本では5巻から始まった「ハルのハルハルインタビュー」というコーナーでは、毎回さまざまな登場人物にインタビューしている(6回12回除く)。


《未来編》
10年後の彼女は一般人として暮らしている模様。髪をボブカットにし大人っぽくなっているが、中身が天然なのは変わっていない。その後10年前(現代)のハルと入れ替わり、戦いに巻き込まれる。一時期ツナと不仲になるが、直ぐに仲直りし、過去に戻ったら遊園地に一緒に行くと約束した。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。