ランボ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

声-竹内順子(子供)、津田健次郎(大人)。
イタリアの中小マフィアであるボヴィーノファミリーの殺し屋(ヒットマン)だが、実際はどこにでもいる腕白な5歳の男児。一人称は「ランボ(さん)」、「オレっち」。5月28日生まれの双子座のA型。身長42cm、体重4kg。好物はぶどう、飴玉、ソーメン、ソフトクリーム。嫌いな食べ物は辛いもの、苦いもの。嫌いな奴は獄寺隼人。将来の夢は世界征服。口癖は「が・ま・ん」、語尾は「~だもんね」。フゥ太の「うざいマフィア」、「殺して座布団にしたいマフィア」のランキングでは1位。また、黒川花には大人ランボの時に限り好意を持たれている。

乳牛模様の尻尾付き全身タイツ(袖が3種類ある)や、牛型の角(取り外し可能)とモコモコしたアフロヘアーが特徴で、アフロの中には多くのものが四次元ポケットのように収納されている。その外見から「牛」「アホ牛」とあだ名され、獄寺に落として失くしてはいけないようにと牛型の角に「アホ牛」と油性マジックで書かれてしまった。雷を受けてもダメージをほとんど負わない「電撃皮膚(エレットゥリコ・クオイオ)」という生まれて直ぐに何度も雷を受けることで体質が変化して生まれる特殊体質の持ち主。

ボヴィーノの刺客として、リボーンの抹殺のために日本へとやって来たが、肝心のリボーンには全く相手にされない上に目的すら忘れてしまい、今では沢田家の居候の身になっている。沢田家ではツナが面倒を見ている。落ち着きがなく、よくおバカな行動・言動を取るため、リボーンや獄寺からは鬱陶しがられてケンカになるが、一方的にやられ大泣きするのがいつものパターン。 ボヴィーノファミリーのボヴィーノとはイタリア語で“牛”という意味と“鈍い”という意味がある。なお、イタリアの自動車メーカー「ランボルギーニ」とは、名前やファミリーの牛のエンブレムなどの共通点が見られる。なお、特徴であるアフロヘアーのカットは、奈々が行っているが、その際ハサミの刃が欠けそうになったり、珍しい生き物が飛び出してきたりする。


《10年後のランボ》
敵わない相手に出会い、忍耐が限界を超えると、ボヴィーノ秘伝の武器「10年バズーカ」を使う。使用すると10年後の自分、通称「大人ランボ」と5分間入れ替わることが出来る。10年後のランボは美男子で紳士的な伊達男に成長しているが、「やれやれ」の口癖と自信満々かつ貫禄ありげな態度の割に弱く泣き虫で、リボーンや獄寺からの扱いは変わらず、ツナからは(心の中で)ヘタレと断言されてしまっている。さらにビアンキの元恋人・ロメオと似ているため(誕生日も同じである)、ビアンキと遭遇する度に殺されかけ、10年後の医療技術で一命を取り留めている。現在のランボと違い、アフロヘアーではなく天然パーマ。目はタレ目で色はエメラルドグリーン。10年後、彼の所属するファミリーで毎月最優秀者に配布される『トイレ掃除がんばったで賞』の(洋式便座型)トロフィーを授与されている(ラジオ体操がんばったで賞もゲットしたとのこと)。女性からの頼みを断れないたちで、毎年バレンタインでチョコを大量に貰い全部食べようとして鼻血を出し貧血で倒れている。大人ランボは身長179cm。体重64kg。

大人ランボの必殺技は「電撃角(エレットゥリコ・コルナータ)」。しかしこの技がまともに役立った試しはなく、自滅するのがお約束。


《20年後のランボ》
10年後のランボがもう一度10年バズーカを使うと20年後のランボと入れ替わることができる(ただし子供ランボが10年バズーカを使用してからの5分間)。20年後のランボは現在や10年後とは比べ物にならないほどの、ただならぬ威圧感に満ちた男に成長し、10年後のランボが弱点としていた電撃角のリーチの短さを改善し、さらに完璧な電撃皮膚を完成させ、電撃の扱いも完璧に収得し、雷を仔猫ちゃんと称している。なお、電撃角で使用する着脱可能の角は、幼少の頃から同じもの(獄寺に「アホ牛」と書かれたもの)を愛用しているようである。20年後ランボは身長184cm、体重73kg。


《VSヴァリアー編》
家光によって、ツナを守護する主要ファミリーの証として雷のリングの守護者に選ばれる(これに対し、ボヴィーノファミリーのボスは泣いて喜んだ)。雷戦では10年バズーカを2回使用して20年後のランボと入れ替わり、レヴィ・ア・タンを圧倒しながらも、時間切れで逆に絶体絶命のピンチに陥り、瀕死の所を乱入した超死ぬ気モードのツナに救われて反則負けを喫す。その後、ツナが正統後継者に決まったことによって、守護者の証である雷のリングを持つことになる。


《未来編》

〈10年後のランボ〉
雷の守護者として、ボンゴレファミリーに所属。ミルフィオーレファミリーにより本部が壊滅させられた後、イーピンと共に京子とハルを守りつつブラックスペルと戦闘。その後、10年後の山本と野猿の交戦中に現代のランボと入れ替わった。


〈現代のランボ〉
10年後のランボと入れ替わった後、現代の山本により野猿の攻撃から庇われる。ブラックスペルを退けた後にツナ達が特訓を受けることとなるが、守護者の中で唯一事態を把握しておらず、相変わらずのウザさから、ラル・ミルチには存在しないものとして扱われている。一時期ツナと不仲になるが、直ぐに仲直りし、過去に戻ったら遊園地に一緒に行くと約束した。


《関連用語》
  • 10年バズーカ
  • 電撃角
  • 雷のボンゴレリング


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。