ログイン時のみメッセージ表示(logined_mes)

&logined_mes(){メッセージ}
と記述することで、ログイン時のみ特定のメッセージを表示させることができます。

()内に「,(カンマ)」区切りで以下のパラメーターを入力することで動作を変更することが出来ます。
パラメーター 説明
admin 管理者のみ表示
member メンバーにのみ表示
※パラメーターを指定しない場合、ログインした管理者・メンバーに表示します。

使用例)
&logined_mes{こんにちは}
使用例) 管理者にのみ表示する場合
&logined_mes(admin){管理者にのみ表示}

折りたたみ表示(#region, #endregion)

#region

#endregion
で囲った中身を、折りたたみ表示します。
また#region の後に ()を記述し、()内に「,」区切りで以下のパラメーターを入力できます。(#endregionには指定できません。)
パラメーター 説明
open または opened 最初に開いた状態で表示
close または closed 最初に閉じた状態で表示(デフォルト)
(文字列) 閉じた状態で表示する文字列を指定

注意:
  • このプラグインは必ず regionに対する endregion を記述する必要があります。片方だけを記述した場合、表示が崩れる可能性があります。
  • 20140929 綴りミスにより、パラメーターが「closed」ではなく「closeed」となっていたのを修正しております。当面の間、「closeed」と記述した場合でも動作しますが、今後動作しなくなる可能性があります。(特に理由のない場合は、closedパラメーターをご利用下さい。)

利用例1)
#region
あああああ
いいいいい
#endregion
と入力すると以下のように表示されます。
+ ...

利用例2)
#region(open,あああああ)
-リスト1
-リスト2
-リスト3
#endregion()
と入力すると以下のように表示されます。
- 
  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3


携帯、PC(パソコン)からのアクセス別に非表示(exkp)

#exkp(){PCのみ表示}
携帯、PC(パソコン)からのアクセス別に文字を非表示にします。
()内に、以下のパラメーターを入力することで、動作を変更できます。
パラメーター 説明
k 携帯からのアクセス時に非表示
p PC(パソコン)からのアクセス時に非表示
※ パラメーターを指定しない場合、k(携帯からのアクセス時に非表示)となります。

使用例1)
↓
#exkp(k){{{
携帯では表示しません。
PCでのみ表示します。
}}}
↑
と入力すると、

携帯では表示しません。
PCでのみ表示します。

と表示します。

使用例2)
↓
#exkp(p){{{
PCでは表示しません。
携帯でのみ表示します。
}}}
↑
と入力すると、


と表示します。

携帯からのアクセス時に非表示(exk)

&exk(){PCのみ表示}
携帯からのアクセスの場合、文字を表示しません。
PC(パソコン)からアクセスした場合のみ表示します。
pc プラグインと同じ仕様になります。

使用例1)
→&exk(){携帯では表示しません。PCでのみ表示します。}←
と入力すると、
携帯では表示しません。PCでのみ表示します。
と表示します。

使用例2)
↓
#exk(){{{
携帯では表示しません。
PCでのみ表示します。
}}}
↑
と入力すると、

携帯では表示しません。
PCでのみ表示します。

と表示します。

PC(パソコン)からのアクセス時に非表示(exp)

PC(パソコン)からのアクセスの場合、文字を表示しません。
携帯からアクセスした場合のみ表示します。
mobile プラグイン と同じ仕様になります。

使用例)
→&exp(){PCでは表示しません。携帯でのみ表示します。}←
と入力すると、
→ ←
と表示します。

使用例2)
↓
#exp(){{{
PCでは表示しません。
携帯でのみ表示します。
}}}
↑
と入力すると、


と表示します。

特定条件にあてはまるページを取り込んで表示する(include_by_search)

#include_by_search(word=検索条件)
と入力することで、ページ名が検索条件にあてはまる場合に取り込んで表示します。
また,区切りで以下のパラメータを指定することができます。

パラメーター 説明
word=検索単語 ページ名に検索単語が存在するページのみ抽出
andor=or ページ名検索単語をor検索
andor=and ページ名検索単語をand検索 (デフォルト)
tag=検索タグ 検索タグを含むページのみ抽出
ignore_word=検索除外単語 指定した単語を含む場合は検索から除外
limit=数字 表示件数指定(1から20までの数字 ; デフォルト値は1 )
showtitle=h1 ページ名を表示する場合に使用。h1~h6までが利用可能
linktitle=h1 ページ名をリンク表示する。h1~h6までが利用可能

使用例)
#include_by_search(word=検索単語1,word=検索単語2,andor=or,limit=5,showtitle=h2)


右メニュー編集ページへのリンク(link_editmenu2)


&link_editmenu2()
と入力することで右メニュー編集ページへのリンクを表示できます。

また()内に,区切りで以下のパラメーターを入力することで、動作を変更できます

パラメーター 説明
text=(テキスト) リンク文字を変更します
※textパラメーターを指定しない場合、「右メニューを編集」となります。

使用例)
&link_editmenu2()
&link_editmenu2(text=[EDIT RIGHT MENU])
と入力すると
右メニューを編集
[EDIT RIGHT MENU]

と表示されます。

メニュー編集ページへのリンク(link_editmenu)


&link_editmenu()
と入力することでメニュー編集ページへのリンクを表示できます。

また()内に,区切りで以下のパラメーターを入力することで、動作を変更できます

パラメーター 説明
text=(テキスト) リンク文字を変更します
※textパラメーターを指定しない場合、「メニューを編集」となります。

使用例)
&link_editmenu()
&link_editmenu(text=[EDIT MENU])

と入力すると
メニューを編集
[EDIT MENU]
と表示されます。


階層以下のページからのみ最近更新されたページ表示(recent_child)

#recent_child
と入力することで、設置したページの階層以下のページから最近更新されたページ一覧を表示します

  • A
  • A/B
  • A/B/C
  • A/B/C2
  • A/B/C/D
というページがある場合、
「A」で
#recent_child
と記述すると
  • A/B
  • A/B/C
  • A/B/C2
  • A/B/C/D
から更新が新しい順に表示します

パラメーター 説明
ignore=(キーワード) ページ名に(キーワード)を含んだページが
更新ページ一覧に表示しないようにします

入力例)
#recent()
#recent(ignore=あああ)



表示ページの最新リンク元表示(recent_page_ref)


20151116 recent_page_refプラグインはご利用いただけなくなりました。

#recent_page_ref()
と表示すると表示ページの最新リンク元を表示します

また()内に以下のパラメーターを入力することで動作を変更することができます
パラメーター 説明
(数字) 表示件数のしてい(1~100)

利用例)
#recent_page_ref(50)

最近のリンク元を一覧表示(recent_ref)


20151116 recent_refプラグインはご利用いただけなくなりました。

#recent_ref()
と入力することで最近のリンク元を一覧表示します(デフォルト10件)。
また()に1~100の数字を入力することで表示件数を指定することができます。

例)
#recent_ref()
#recent_ref(30)


表示サイズ変更のできるメモ(memox)

&memox()
と入力することで表示サイズを変更できるメモを表示できます

また()内に,区切りの以下のパラメーターを入力することで動作を変更できます
パラメーター 説明
rows=(数字) メモの縦幅を指定します
cols=(数字) メモの横幅を指定します
submit=(文字列) ボタンの表示名を変更します

利用例
&memox()
と入力すると

と表示されます

|テスト|&memox()|テスト|&memox()|
と入力すると
テスト
テスト
と表示されます

現在のページ名表示プラグイン(this_page)

&this_page()
と入力することで現在のページ名を表示します。

また()内に,区切りで以下のパラメーターを入力することで、動作を変更できます。
パラメーター 説明
base=showpage 表示しているページを基準ページに設定※
※ メニューページなどへ設置する場合に、表示ページ毎に表示内容が切り替わります。

使用例)
&this_page()
プラグイン一覧/wikiの情報を整理・表示するプラグイン


現在のページURL表示プラグイン(this_url)

&this_url()
と入力することで現在のページのURLを表示します。

また()内に,区切りで以下のパラメーターを入力することで、動作を変更できます。
パラメーター 説明
link リンクになります
base=showpage 表示しているページを基準ページに設定※
※ メニューページなどへ設置する場合に、表示ページ毎に表示内容が切り替わります。

使用例)
&this_url()
と入力すると、
http://www1.atwiki.jp/guide/pages/269.html
と表示します。


携帯で表示しない文字プラグイン(pc)

&pc(){パソコンでのみ表示}
もしくは
#pc(){
パソコンのみ表示(複数行対応)
パソコンのみ表示(複数行対応)
}
と入力することでPCからのアクセス時のみ文字を表示させることができます。

使用例1)
常に表示&pc(){パソコンでのみ表示}常に表示
と入力すると以下の様に表示されます。
常に表示 パソコンでのみ表示 常に表示

また、複数行(プラグインやwiki構文を含む)を表示させる場合には
常に表示
#pc(){{{
&color(red){パソコンでのみ表示}
}}}
常に表示
と入力してください。

携帯アクセス時のみ文字表示するプラグイン(mobile)

&mobile(){携帯でのみ表示}
#mobile(){
モバイルのみ表示(複数行対応)
モバイルのみ表示(複数行対応)
}
と入力することで携帯アクセス時のみ文字を表示させることができます。

使用例)
常に表示&mobile(){携帯でのみ表示}常に表示
と入力すると以下の様に表示されます。
常に表示 常に表示

また、複数行(プラグインやwiki構文を含む)を表示させる場合には
#mobile(){{{
&color(red){パソコンでのみ表示}
}}}
と入力してください。

上へ移動するリンクを表示(link_up)

&link_up()
と入力することでページ上部へのリンクを作成します。

また()内に文字列を入力することでリンク文字列を変更できます。

利用例1)
-&link_up()
と入力すると
と表示されます

利用例2)
-&link_up(UP!!!)
と入力すると
と表示されます

プルダウンメニュー(pulldown_jump)

#pulldown_jump(ページ名1,ページ名2,ページ名3,ページ名4,ページ名5)
と記述することで、プルダウンメニューを作成します

また()内に,区切りで以下のパラメーターを指定することで動作を変更できます。
パラメーター 説明
submit=(文字列) ボタンの表示名を指定します
title=(文字列) 一番上
[[表示名>ページ名]] 指定の表示名でメニュー項目を追加します
[{表示名>URL]] 指定URL/表示名でメニュー項目を追加します
(ページ名) 指定ページをメニュー項目に追加します

使用例1)
#pulldown_jump(wikiの編集例,新着プラグイン,[[グーぐる>http://google.co.jp/]],title=MENU)
と入力すると
と表示します

リンク無し表示ページへのリンク作成(link_nourl)

&link_nourl()
と記述することで、リンク無し表示ページへのリンクを作成します

また()内に,区切りで以下のパラメーターを指定することで動作を変更できます。
パラメーター 説明
page=(文字列) ページ名を指定します
text=(文字列) リンク文字列を指定します

使用例1)
&link_nourl()
と入力すると
リンク無しページ
と表示します

使用例1)
&link_nourl(text=通常テキスト表示)
と入力すると
通常テキスト表示
と表示します

使用例1)
&link_nourl(text=プラグイン一覧を通常テキスト表示,page=プラグイン一覧)
と入力すると
プラグイン一覧を通常テキスト表示
と表示します


パンくずリスト(topicpath)の表示

&topicpath()
と記述することで、パンくずリスト(topicpath)と呼ばれる、
ページの階層リンクを表示させることができます。

また()内に以下のパラメーターを入力することで、動作の変更が可能です。
パラメーター 説明
top=テキスト 最上層ページの名前を指定
notop 最上層ページのリンクを 非表示

使用例1)
&topicpath()
Top > プラグイン一覧 > wikiの情報を整理・表示するプラグイン

使用例2)
&topicpath(top=トップ)
トップ > プラグイン一覧 > wikiの情報を整理・表示するプラグイン

使用例3)
&topicpath(notop)
プラグイン一覧 > wikiの情報を整理・表示するプラグイン


pukiwiki風navi(DocBook風ナビゲーション)(navi)

#navi()
と記述すると、記述したページを目次ページとし、目次ページの下層ページ一覧を表示します。

下階層ページに
#navi(目次ページ名)
と記述することで
  • 下階層ページの前後ページへのリンク
  • 目次ページへのリンク
が表示されます

下階層ページとは、
  • aaaa
が目次ページとすると、aaaaのあとに/で区切ったページ名、
  • aaaa/bbb
  • aaaa/bbb/ccc
  • aaaa/ddd
などが下階層ページとして扱われます。

アップロードページへのリンク表示(link_upload)

&link_upload()
と入力することでアップロードページへのリンクを表示します

また()内に,区切りで以下のパラメーターを入力することで、動作を変更できます
パラメーター 説明
page=(ページ名) 指定したページのアップロードページへのリンクになります
text=(テキスト) リンク文字を変更します

例)
-&link_upload()
-&link_upload(text=このページのアップロードページ表示)
-&link_upload(page=設定・管理,text=設定・管理ページのアップロードファイル一覧)
と入力すると
と表示されます

振り仮名設定(furigana)

&furigana(ここにページの振り仮名を入力)
と入力することでページ名に振り仮名を付けることができます。

また、振り仮名を入力した状態で再度しんちゃくぷらぐいんと入力した場合、入力した振り仮名が表示されます。

  • このプラグインは単体ではほとんど意味がありません。今後導入・拡張予定のプラグインと連携動作する予定です。
  • ひらがなカタカナ以外、漢字英数字等も入力可能です(今後連携追加される機能の都合、漢字は推奨しません)

()内には,区切りで以下のパラメーターを入力することができます

パラメーター 説明
clear ページに設定した振り仮名を解除します
(振り仮名を入力) ページに振り仮名を設定します
(未入力) すでに振り仮名を設定して要る場合、それを出力します

例)振り仮名の設定と、その表示、解除など
-設定:&furigana(しんちゃくぷらぐいんです)
-表示:&furigana()
-解除:&furigana(clear)
-表示(解除しているので表示されない):&furigana()
-設定&furigana(しんちゃくぷらぐいん)
-表示:&furigana()
と入力すると

  • 設定:
  • 表示:しんちゃくぷらぐいんです
  • 解除:
  • 表示(解除しているので表示されない):
  • 設定
  • 表示:しんちゃくぷらぐいん
と表示されます

誰でも更新ができるメモを表示(memo)

#memo()
と入力することで誰でも更新が出来るメモを表示できます。

例)
#memo()

最新版変更点ページへのリンク表示(link_diff)

&link_diff()
と入力することで最新版変更点ページへのリンクを表示するプラグインを追加しました

また()内に,区切りで以下のパラメーターを入力することで、動作を変更できます

パラメーター 説明
page=(ページ名) 指定した最新版変更点ページへのリンクになります
text=(テキスト) リンク文字を変更します

例)
-&link_diff()
-&link_diff(text=このページの最新版変更点ページリンクを作成)
-&link_diff(page=設定・管理,text=設定・管理ページの最新版変更点ページリンクを作成)

と入力すると

と表示されます



トラックバックページへのリンク表示(link_trackback)

&link_trackback()
と入力することでトラックバックページへのリンクを表示します

また()内に,区切りで以下のパラメーターを入力することで、動作を変更できます

パラメーター 説明
page=(ページ名) 指定したページのトラックバックページへのリンクになります
text=(テキスト) リンク文字を変更します

例)

-&link_trackback()
-&link_trackback(text=このページのtb表示)
-&link_trackback(page=設定・管理,text=設定・管理ページのtb一覧)

と入力すると

と表示されます


進むボタン表示(forward)

#forward()
と入力することで進むボタンを表示できます

また()内に,区切りで以下のパラメーターを入力することで、動作を変更できます

パラメーター 説明
text=(テキスト) ボタン文字を変更します
left 左に表示します
right 右に表示します
center 真ん中に表示します
hr 上部に水平線を表示します

例)

#forward(right)
#forward(left,hr)
#forward(center,text=次に進む)

と入力すると



進むリンク表示(link_forward)

&link_forward()
進むリンクを表示します。
()内に、以下のパラメーターを入力することで、動作を変更できます。
パラメーター 説明
text=テキスト リンク文字
※ パラメーターを指定しない場合、リンク文字は「進む」となります。
この機能は Internet Explorer 4 以上でご利用いただけます。
ブラウザの設定でJavaScriptをオフにしている場合は機能しません。

使用例1)
&link_forward()
と入力すると、以下の様に表示します。
進む

使用例2)
&link_forward(text=次に進む)
と入力すると、以下の様に表示します。
次に進む

戻るボタン表示(back)

#back()
と入力することで戻るボタンを表示できます

また()内に,区切りで以下のパラメーターを入力することで、動作を変更できます

パラメーター 説明
text=(テキスト) ボタン文字を変更します
left 左に表示します
right 右に表示します
center 真ん中に表示します
hr 上部に水平線を表示します

例)
#back(right)
#back(left,hr)
#back(center,text=一つ前のページにもどる)
と入力すると



戻るリンク表示(link_back)

&link_back()
戻るリンクを表示します。
()内に、以下のパラメーターを入力することで、動作を変更できます。
パラメーター 説明
text=テキスト リンク文字
※ パラメーターを指定しない場合、リンク文字は「戻る」となります。
この機能は Internet Explorer 4 以上でご利用いただけます。
ブラウザの設定でJavaScriptをオフにしている場合は機能しません。

使用例1)
&link_back()
と入力すると、以下の様に表示します。
戻る

使用例2)
&link_back(text=一つ前のページにもどる)
と入力すると、以下の様に表示します。
一つ前のページにもどる

RSSへのリンク表示(link_rss)

&link_rss()
と入力することでタグ一覧表示へのリンクを表示するプラグインを追加しました

また()内に,区切りで以下のパラメーターを入力することで、動作を変更できます

パラメーター 説明
text=(テキスト) リンク文字を変更します

例)
-&link_rss()
-&link_rss(text=このwikiのRSS)

と入力すると

と表示されます


タグページ, タグ一覧へのリンク表示(link_tag)

&link_tag()
と入力することでタグ一覧表示へのリンクを表示します。

また
&link_tag(タグ名)
と入力することで、指定したタグへのリンクを表示します。

また()内に,区切りで以下のパラメーターを入力することで、動作を変更できます

パラメーター 説明
text=(テキスト) リンク文字を変更します

例)

-&link_tag()
-&link_tag(タグA)
-&link_tag(text=タグクラウド)

と入力すると

と表示されます


編集履歴ページへのリンク表示(link_backup)

&link_backup()
と入力することで編集履歴ページへのリンクを表示できます

また()内に,区切りで以下のパラメーターを入力することで、動作を変更できます

パラメーター 説明
page=(ページ名) 指定したページの編集履歴ページへのリンクになります
text=(テキスト) リンク文字を変更します

例)
-&link_backup()
-&link_backup(text=このページの履歴を表示)
-&link_backup(page=設定・管理,text=設定・管理ページの履歴を表示)

と入力すると

と表示されます


リンク元一覧へのリンク表示(link_ref)


20151116 link_refプラグインはご利用いただけなくなりました。

&link_ref()
と入力することでリンク元一覧へのリンクを表示します。

また()内に,区切りで以下のパラメーターを入力することで、動作を変更できます

パラメーター 説明
page=(ページ名) ページを指定します
text=(テキスト) リンク文字を変更します

例)
-&link_ref()
-&link_ref(text=このページのリンク元一覧)
-&link_ref(page=設定・管理,text=設定・管理ページのリンク元一覧)
と入力すると

  • 申し訳ありませんが、link_ref プラグインは提供を終了し、ご利用いただけません。
  • 申し訳ありませんが、link_ref プラグインは提供を終了し、ご利用いただけません。
  • 申し訳ありませんが、link_ref プラグインは提供を終了し、ご利用いただけません。
と表示されます


編集ページへのリンク表示(link_edit)

&link_edit()
と入力することで編集ページへのリンクを表示出来ます

また()内に,区切りで以下のパラメーターを入力することで、動作を変更できます

パラメーター 説明
page=(ページ名) 指定したページの編集ページへのリンクになります
text=(テキスト) リンク文字を変更します

例)
-&link_edit()
-&link_edit(text=このページを編集)
-&link_edit(page=設定・管理,text=設定・管理ページを編集)

と入力すると

と表示されます


表示ページの登録タグ表示(tags)

&tags()
と入力することで表示しているページに登録しているタグを表示できます


表示ページの登録タグ表示(tags_list)

&tags_list()
と入力することで表示しているページに登録しているタグを一覧表示できます


新着New!表示(new)

&new(日付)
と入力すると、
  • 日付が5日以内なら「New」と表示
  • 日付が1日以内なら「New!」と表示
します。


新着New!表示2(new2)

&new2(2007/07/03 15:01:01,time=26,show=新着,color=red)
と入力することで、2007/07/03 15:01:01 を基準に前後26時間以内は「新着」という文字を赤文字で表示します

()の中には,区切りで以下のパラメーターを入力することができます。

パラメーター 説明
日付時間 基準になる日付時間を記述します
show=(テキスト) 表示する文字列を指定します
color=(色指定) 文字色を指定します
time=(数字) show=で指定した文字列が表示される期間を指定します。
基準になる日付時間からの時間数を入力してください(1~1000)


新着New!表示3(new3)

&new3(time=26,show=新着,color=red)
等と入力することで、設置したページの最終更新時間 を基準に前後26時間以内は「新着」という文字を赤文字で表示します

()の中には,区切りで以下のパラメーターを入力することができます。

パラメーター 説明
page=(別ページ名) 指定した別のページの最終更新時間を基準時間とします
show=(テキスト) 表示する文字列を指定します
color=(色指定) 文字色を指定します
time=(数字) show=で指定した文字列が表示される期間を指定します。
基準になる日付時間からの時間数を入力してください(1~1000)デフォルトは24です


新着New!画像表示(newimage)

&newimage(time=24,image=http://cdn1.atwikiimg.com/guide/pub/new.gif)
と入力することで、設置したページの最終更新時間を基準に、
前後24時間以内はパラメーター「image」で指定した画像を表示します。

()の中には「,」区切りで以下のパラメーターを入力することができます。

パラメーター 説明
image=(URL/添付ファイル名) 表示する画像のURLもしくはwikiページに添付したファイル名を指定します
page=(別ページ名) 指定した別のページの最終更新時間を基準時間とします
show=(テキスト) 表示する文字列を指定します
color=(色指定) 文字色を指定します
time=(数字) show=で指定した文字列が表示される期間を指定します。
基準になる日付時間からの時間数を入力してください(1~1000)デフォルトは24です


閲覧可能なページのみ一覧表示(list_read_only)

#list_read_only()
と入力することで誰にでも閲覧可能なページ一覧(10件)を表示します。

また()内に,区切りで以下のパラメーターを指定することで動作を変更できます

パラメーター 説明
sort=pagename ページ名でソート
sort=timestamp 更新順でソート
sort=create ページ作成順でソート
sort2=desc 降順表示
sort2=asc 昇順表示
(数字) 一度に表示する件数. 1~100の数字
admin 管理者のみ閲覧可能なページ一覧表示
member メンバーのみ閲覧可能なページ一覧表示
ignore=(キーワード) ページ名に(キーワード)が含まれるページは一覧に表示しない


編集可能なページのみ一覧表示(list_write_only)

#list_write_only()
と入力することで誰にでも編集可能なページ一覧(10件)を表示します。

また()内に,区切りで以下のパラメーターを指定することで動作を変更できます

パラメーター 説明
sort=pagename ページ名でソート
sort=timestamp 更新順でソート
sort=create ページ作成順でソート
sort2=desc 降順表示
sort2=asc 昇順表示
(数字) 一度に表示する件数. 1~100の数字
admin 管理者のみ編集可能なページ一覧表示
member メンバーのみ編集可能なページ一覧表示
ignore=(キーワード) ページ名に(キーワード)が含まれるページは一覧に表示しない


wiki内検索結果を一覧表示(list_by_search)

#list_by_search(キーワード)
とすることで検索結果を一覧表示できます。また()内に,区切りで以下のパラメーターを入力することで動作を変更することが出来ます。

パラメーター 説明
target=withbody 本文からも検索する (これを指定しない場合はページ名からのみ検索)
sort=pagename ページ名でソート
sort=timestamp 更新順でソート
sort=create ページ作成順でソート
sort2=desc 降順表示
sort2=asc 昇順表示
errmsg=ここにテキスト 検索結果が1件も見つからない場合のエラーメッセージを設定します
option=word リンク先がハイライト(検索結果表示)になります
andor=or OR検索
andor=and AND検索(デフォルト)
(数字) 一度に表示する件数. 1~100の数字
(検索キーワード) 検索キーワード. 他のパラーメーター以外の文字列文字列. 複数指定可能
ignore=own 設置ページそのものは検索結果に含まない
tagword=文字列 このパラメーターを指定すると指定した文字列をタグに含むページからのみ検索を行います


特定のタグを含むページを一覧表示(list_by_tag)

#list_by_tag(タグ名)
とすることで特定タグを含むページ一覧表示できます。また()内に,区切りで以下のパラメーターを入力することで動作を変更することが出来ます。

パラメーター 説明
sort=pagename ページ名でソート
sort=timestamp 更新順でソート
sort=create ページ作成順でソート
sort=furigana ページ一覧を振り仮名(furigana)プラグインで設定した振り仮名順に並べる。
振り仮名を設定していないページはページ名を振り仮名として扱う
sort2=desc 降順表示
sort2=asc 昇順表示
option=nolist 非リスト形式で表示
errmsg=文字列 検索結果が見つからない場合のエラーメッセージを変更できます
nolistspace=文字列 option=nolist指定時、一覧ページ間の文字列を指定します。
半角スペースは指定できません。
(タグ名) タグ名. 数字以外の文字列
(数字) 一度に表示する件数. 1~100の数字

  • デフォルトの表示件数は10件です。


タグ検索してページ表示(list_by_tagsearch)


#list_by_tagsearch(キーワード1,キーワード2,キーワード3)
と入力することでタグ検索の結果、該当するタグを含むページを一覧表示します

また()内に,でパラメーターを区切ることで動作を変更することが出来ます。

パラメーター 説明
sort=timestamp 更新順でソート
sort=create ページ作成順でソート
sort2=desc 降順表示
sort2=asc 昇順表示
sort=furigana タグ検索結果ページを振り仮名(furigana)プラグインで設定した振り仮名順に並べる。
振り仮名を設定していないページはページ名を振り仮名として扱う(カタカナ優先)
sort=furigana2 ふりがなプラグインで指定したふりがなを基本に辞書順に表示する(辞書順)
or 指定したキーワードをOR検索
and 指定したキーワードをAND検索
option=nolist 非リスト形式で表示
option=word リンク先がハイライト(検索結果表示)になります
errmsg=文字列 検索結果が見つからない場合のエラーメッセージを変更できます
nolistspace=文字列 option=nolist指定時、一覧ページ間の文字列を指定します。
半角スペースは指定できません。
sort=hiduke タグ検索結果ページを日付順(昇順)に表示
sort=hiduke_r タグ検索結果ページを日付順(降順)に表示
sort=hiduke_noyear タグ検索結果ページを月日データのみで日付順(昇順)に表示
sort=hiduke_noyear_r タグ検索結果ページを月日データのみで日付順(降順)に表示
(キーワード) 数字、その他パラメーター以外で、タグに含まれる文字列。5つまで入力可能
(数字) 一度に表示する件数. 1~100の数字 (初期値は10)


利用例1)
  • 「タグ1」「タグ2」の両方をタグとして設定しているぺーじ一覧を表示
#list_by_tagsearch(タグ名1,タグ名2,and)
利用例2)
  • 「タグ名1」もしくは「タグ名2」もしくは「タグ名2」を含んでいるページを含むページを50件表示
#list_by_tagsearch(タグ名1,タグ名2,タグ名3,or,50)
利用例3)
  • 「タグ1」をタグとして設定しているページを検索一覧表示し、
  • 検索結果ページを振り仮名(furigana)プラグインで設定した振り仮名順に並べる場合
#list_by_tagsearch(タグ1,sort=furigana)
利用例)テキストの途中にタグ1をキーワードとして含むページ一覧を表示したいとき
テキスト&list_by_tagsearch(タグ1)テキスト


タグ検索結果のタグ一覧表示(taglist_by_search)

#taglist_by_search(キーワード)
とすることでタグの検索結果を一覧表示できます
()内に,区切りで以下のパラメーターを入力することで動作を変更することが出来ます。

パラメーター 説明
(検索キーワード) 検索キーワード. 数字以外の文字列
(数字) 一度に表示する件数. 1~100の数字

  • デフォルトの表示件数は10件です。

例)
#taglist_by_search(ウィキ,50)


タグ一覧(クラウド)表示(tag_cloud)

#tag_cloud()
とすることでタグクラウドを表示できるようになりました。また()内に,区切りで以下のパラメーターを入力することで動作を変更することが出来ます。

パラメーター 説明
sort=num タグが張られたページの数順で表示
sort=word タグの名前順で表示

例)
#tag_cloud()
#tag_cloud(sort=num)


目次作成(contents)


#contents()
と入力すると同じページの見出しに対する目次を作成することができます。
()の中にカンマ区切りで以下のパラメーターを入力することで動作を変更することが出来ます。
パラメーター 説明
page=(別ページ名) 他のページの見出しを作成します
fromhere=true プラグインを記述する行以下の見出しのみを対象に目次にします
level=(数字) 目次として表示する見出しのレベルを変更します。指定できる範囲は1から5です。

使用例)
こちらをご覧ください


指定階層以下のインライン目次表示(contents_line)

#contents_line()
と入力すると、ページ中の見出し構文をインライン表示します。

また()内に以下のパラメーターが利用できます
パラメーター 説明
sep=(文字) 区切り文字を指定
level=(数字) インライン表示する見出しの階層を指定

使用例)
こちらをご覧ください


人気ページ一覧を表示する(popular)

#popular()
と入力すると表示回数の多いページ一覧を表示します。ただしカウンターが設置されているページだけを集計します。
また()内に以下のカンマ区切りで以下のパラメーターを入力することで動作を変更できます。

注)
  • メニューにカウンターを設置することですべてのページに設置となりますが、携帯の場合はメニューが表示されないため計測できませんので、計測したいページへのカウンター設置が必要となります。
  • 一定期間、内容を保持しますので、実際の内容と異なる場合があります。
パラメーター 説明
total 合計カウント数順に並べる(デフォルト)
yesterday 昨日のアクセス数順に並べる
today 今日のアクセス数順に並べる
(数字) 表示件数を変更(デフォルトは20件)
ignore=(ページ名) 特定のページを一覧から除去. 複数指定可能
ignore_keyword=(キーワード名) キーワードをページ名に含むページを一覧から除去.複数指定不可
ignore_tag=(タグ名) 特定のタグを持つページを一覧から除去.複数指定可能
extraction_tag=(タグ名) 特定のタグを持つページのみを一覧から取得.複数指定可能
count ページ項目の右側にカウント数を表示する
ranking ページ項目の左側に順位を表示する

例)
#popular(today,ignore=トップページ,ignore=メニュー,30)
#popular(yesterday,10)
#popular(50,total)
#popular(50,total,count)
#popular()


最近更新されたページ一覧を表示する(recent)

#recent()
と入力することで最近更新された順にページを表示します(10件表示)
また()に,区切りで以下のパラメーターを入力することで動作を変更することができます

パラメーター 説明
(数字) 表示件数を指定します(1~100まで)
ignore=(キーワード) ページ名に(キーワード)を含んだページが
更新ページ一覧に表示しないようにします
ignore_head=(キーワード) ページ名が(キーワード)から始まるページを
更新ページ一覧に表示しないようにします

入力例)
#recent()
#recent(30)
#recent(ignore=あああ)
#recent(ignore_head=:あああ)


リンク元一覧表示(ref_list)


20151116 ref_listプラグインはご利用いただけなくなりました。

#ref_list()
と入力することで記述したページのリンク元を表示します

また()内に,区切りで以下のパラメーターを入力することで動作を変更することが出来ます。

パラメーター 説明
sort=url リンク元URLでソート
sort=count リンク元の数でソート
sort2=desc 降順で表示
sort2=asc 昇順で表示
page=(ページ名) 指定したページのリンク元を表示します
(数字) 表示するリンク元の数を指定します(1~50)

例)
#ref_list()
#ref_list(sort=url,sort2=asc,30)
#ref_list(sort=count,sort2=desc,40)


リンクしている内部ページ一覧を表示する(related)

#related()
と入力すると入力したページにリンクしている内部ページ一覧を表示します

また()内に,区切りで以下のパラメーターを入力できます
パラメーター 説明
page=thispage 表示しているページの関連ページ(表示ページへリンクしているページ)を表示します
page=showpage page=thispageと同じ
(ページ名) ページを指定します
limit=(数字) 件数を指定する
sort=timestamp 更新順に表示する

このプラグインは設置ページへ
[[ページ名]]
[[エイリアス>ページ名]]
形式でリンクしているしているページをリストアップします。
  • 注意)アットウィキモードのページ/pukiwikiライクモードのページにしか対応していません。


トラックバック件数表示(trackback)

&trackback()
と入力すると、記述したページのトラックバック受信数とトラックバック一覧ページへのリンクを作成します


他のページを取り込む(include)

#include(他のページ名)
と入力することで他のページを取り込むことが出来ます。


高速別ページ取り込み(include_cache)

#include_cache(別ページ名)
と入力することで、別ページを取り込むことが出来ます

includeプラグインとの差異は下記のとおりです。
  • 高速表示
  • 取り込み先ページの内容は、一定期間保持されます。そのためcounterプラグインなど、一部動的に変化するプラグインの表示が異なる場合があります。(取り込み先ページを編集した場合、表示内容が更新されます)



横分割し他のページを取り込む(splitinclude)

#splitinclude(ページ名1,ページ名2,ページ名3)
と指定することで、それぞれのページ内容を横に並べて表示するプラグインを追加しました。

  • ページ名は,区切りで3つまで指定することができます。
  • 閲覧者にとって読み込み権限のあるページのみ動作します
  • 注)リリース後も微調整を行う可能性があります



他のページをランダムに取り込む(include_random)

#include_random(他のページ名,他のページ名,...,他のページ名)
と入力することで指定した他のページから、ランダムに1ページ取り込むことが出来ます。

指定できるページ数は10ページまでとなります。また、プラグインを使用するページ自身を
指定した場合や、指定先ページでこのプラグインが使用されている場合などはエラーとなります。

使用例)
#include_random(ページ1,ページ2,ページ3,ページ4)


新規作成されたページ一覧表示(list_newcreated)

#list_newcreated(数字)
と入力すると新規に作成されたページ一覧が表示されます
数字は1~100までの数字が入力でき、表示されるページ数となります

例)
#list_newcreated(20)



そのページの階層以下のページを表示1(ls)

#ls()
と入力することでそのページの階層以下のページを表示します
ls2,ls3とは指定できるパラメーターが異なります

パラメーター 説明
(ページ名) 指定したページ以下の階層から探す

例)
#ls()



そのページの1階層下のページを表示(lsd)

#lsd()
と入力することで、プラグインを使用するページより1階層下のページのみを表示します。

パラメーター 説明
(ページ名) 指定したページ以下の階層から探す
※ このプラグインを使用するページより下の階層にページがある場合のみ表示します。
※ ls2,ls3とは指定できるパラメーターが異なります。

使用例)
#lsd()



そのページの階層以下のページを表示2(ls2)

#ls2()
と入力することでそのページの階層以下のページを表示します
lsとは指定できるパラメーターが異なります

パラメーター 説明
(ページ名) 指定したページ以下の階層から探す
title 一覧表示したページ内に見出しがあった場合、見出しへリンクを階層表示します
reverse ページ名並びの逆順で表示

例)
#ls2(title)


そのページの階層以下のページを表示3(ls3)

#ls3()
と入力するとそのページの階層以下のページを階層構造を維持したまま一覧表示します
また()に以下のパラメーターを記述することで動作を変更することが出来ます。

パラメーター 説明
(ページ名) ページ名を指定するとそのページ以下の階層を表示
ignore=(キーワード) (キーワード)が含まれるページは一覧に表示しない
blockquote=1 一覧を引用表示します

例)
#ls3()


下層ページ一覧一列表示(ls_line)

#ls_line()
と入力すると下層ページの一覧を一列に表示します
文章の途中で、
 &ls_line()
という、&からの記述にも対応しております。

また()内に以下のパラメーターを記述することで動作を変更することができます
パラメーター 説明
sort=timeasc 更新日時が古い順に表示します
sort=timedesc 更新日時が新しい順に表示します
sep=(文字列) 区切り文字を指定します
(ページ名) 基準とするページを指定します

利用例)
#ls_line()
#ls_line(sep=/)
#ls_line(sep=・,sort=timedesc)


未作成ページ一覧表示(yetlist)

#yetlist()
と入力するとリンクだけ存在する未作成ページ一覧を表示します。
未作成ページはアットウィキモードとpukiwikiライクモードからのリンクのみ抽出されます。

()内に「,(カンマ)」区切りで以下のパラメーターを入力することで動作を変更することが出来ます。
パラメーター 説明
(1〜100) 表示件数 (デフォルト50)
ref 記述元ページへのリンクを表示
sensitive 大文字小文字を区別する

注意:
  • このプラグインは2009年12月02日より一定期間、内容が保持されます。そのため、未作成ページを作成しても、しばらくしてから反映されます。
  • sensitiveパラメーターを指定しない場合、半角アルファベットは全て小文字として表示されます。
  • ページ名に半角スペースが含まれる場合、半角スペースが取り除かれた状態で表示されます。スペースを使いたい場合でかつ、正確に未作成ページ一覧を表示させたい場合、ページ名に全角スペースをご利用ください。

利用例)
#yetlist(10)
#yetlist(10,ref)
#yetlist(100,ref,sensitive)


吹き出し表示(infobox)

&infobox(){ここに文字列}
と記述することで、darktooltipを使った吹き出し(情報ウィンドウ)の表示ができます。
また()内に,区切りで以下のパラメーターを指定することで動作を変更できます。

パラメーター 説明
title リンクのタイトル※必須項目です。
例:
title=タイトル
trigger マウスの動作によるウィンドウの表示
例:
trigger=hover マウスホバー時にウィンドウを表示
trigger=click マウスクリック時にウィンドウを表示
gravity ウィンドウを出す方向を指定 south, west, north, eastで設定
例:
gravity=south 上にウィンドウを表示する
gravity=west 右にウィンドウを表示する
gravity=north 下にウィンドウを表示する
gravity=east 左にウィンドウを表示する
size ウィンドウサイズを3段階で指定 small, medium, largeで設定
例:
size=small 小さいサイズで表示する
size=medium 標準サイズで表示する
size=large 大きいサイズで表示する
animation アニメーションを指定 fadein, flipin, noneで設定
例:
animation=fadein フェードイン表示
animation=flipin フリップイン(ひっくり返るような)表示
animation=none アニメーション無し(すぐに表示)
opacity=(数値) 不透明度を指定 0~1で指定 *この機能はanimation=noneを指定している場合のみ有効です
例:
opacity=0.5
link=(URLまたはページ名) ウィンドウ内の文字または画像のリンク先を指定
url=(画像URL) ウィンドウ内に表示する画像を指定


使用例) マウスを文字の上へ移動すると、文字を浮かび上がるように表示する場合
&infobox(title=リンク文字,trigger=hover){表示したいテキストを入力}
と入力すると
  • リンク文字
と表示されます

使用例) クリックすると画像がウィンドウに表示する場合
&infobox(title=画像を表示,trigger=click,gravity=west,url=http://atwiki.jp/image/header_logo.gif){テキストも挿入可}
と入力すると
  • 画像を表示
と表示されます

使用例) マウスを画像の上に移動させた時にウィンドウを表示させたい場合
&infobox(title=http://img.atwiki.com/image/035col3/logo_atwiki.gif,
trigger=hover,url=http://atwiki.jp/image/header_logo.gif,gravity=west){右に吹き出しを表示}
※使用例表示の都合上一部改行をしておりますが、プラグイン使用の際には改行せずに入力ください。





RSSを取得して表示(rss)

#rss(ここにRSSのURL){}
と記述することで、RSSを表示させることができます。

使用例)
#rss(http://2ch-ranking.net/rss/intro.rdf)
新着記事は見つかりませんでした。